お気楽狸の徒然記録【2010.10~2013.4】

by ぽん。

2012/2月某日 日ノ御子

先週触ってみて感触の良かった『纏』を詰めておきたいという一心で本日も日ノ御子へ。
途中の瀬戸大橋では横殴りの雪が降ってきてやばいかなーと思ったけど、
現地着いたら全然大丈夫でホッとした。

今週はこの日の為に出来るだけ体調も整えてきた。
寒波が来てるので、かなり気温は低そうだけど、気持ちがあれば大丈夫!って思ってた。

火消し岩に降りて、マットをセッティングし、テーピングやストレッチした後、
下部のムーブを確かめながらアップ。

しかし、今日はなぜか体の動きが鈍い感じがする。
寒いからアップ足りてないんやろか。
肘も相変わらず痛いし、大事なところで力がきゅっと入らない。


『鬼火消し』登った年始よりも、このランジの確率が落ちてて凹んだ・・・。
e0149092_2224549.jpg

長らく下部パートばかりやっていたけど、スタートから始めてもブラインドカチが取れなかったり、
ランジで逆噴射したりと散々。。。
あまりにも下部で嵌り倒す私を見かねて中山君が『上もやっとけよ』と一言。

上部は上部で、リップ直前のムーブが今日は一度も成功せず。
この前は後半は何度か自力で抜けれたのに・・・。

あわよくば完登も狙えるのでは・・・と思ってのこのこやってきたものの、
今日の出来ではとても完登を狙えそうになく、2時半でトライ打ち切り。
あまりにも悔し過ぎる結果にかなり凹んだ。

なんで?
この一週間不摂生もしなかったし、登り過ぎたりもしなかったのに。
まあ肘の痛みがちょっとひどくなりつつあったので、自粛してたってのもあるんだけど。
この日の為に気持ちも上げてきてただけに、本当にがっかりだった。

さて、後半タイムは中山君の時間。
大変お待たせしましたー。

水量も減ってて、今日はこうもり岩も水没しておらず、宿題の『バッドエンド』2段も無事回収。
その下にある『オロチ』2段と『じゅげむ』2段もさくさくっと終わらせて満足げ。


『バッドエンド』を登る中山君。
e0149092_22244399.jpg

最後に、GW以来の『石の大木』2段に行ってムーブ練習。
この時間からやる課題ではなかったらしいけど、次回からの目標にするそうな。

『石の大木』をトライする中山君。
e0149092_2225663.jpg

日が暮れる前に撤収し、帰りはトコトコ下道を走って徳島から明石大橋を渡る。
淡路SAで時間をつぶして、深夜割引適用して帰宅。

私は気合空回りの悲しい結果に終わったけど、行きも帰りも長らく運転してくれて、
登りの為のサポートに尽力してくれた中山君には本当に感謝。
この感謝をいずれは完登という形で応えれるように、明日からまたしきり直しやなぁ。。。
[PR]
# by ponchika | 2012-02-01 23:57 | 日ノ御子(高知)

2012/1月某日 日ノ御子

本日も朝早く出発して日ノ御子へ。
いつものように、明石大橋を渡って徳島回りの節約コース。
到着は10時半頃。

一度最上流部まで上がって、それぞれのエリアの様子を見てから火消し岩へ。
中山君はもうここでは特にやるものがないので、私の『纏』の為にマット運んでくれたり、スポットに徹してくれた。
そういうこともあって、せめて今日は『纏』のムーブだけでも解決して帰りたかった。

まずは、ホールドが欠けちゃった下部をおさらい。
ヒールでマッチすればまあ大丈夫なことがわかった。
ただ、この後のムーブも少し変更が必要になってしまった。
あと、序盤のスタンスとかも確認。

で、後半部分の解決に勤しむ。
悪カチからの一手は、最初出来る気がしなかったけど、持ち慣れてくるとなんとかなるもんで、
その後もなんとか最後までムーブを解決することが出来た。
終盤は高さもあって、ホールドも微妙になるからすごく怖いのだけど。

でも、詰めれるところは詰めておこうと思い、スタートからのトライもやっておいたけど、
ブラインドカチ取りが微妙。。。

まあとりあえずは全ムーブの解決もできて結構満足したので、
繋げるのは次回のお楽しみにしておこうということで移動。
繋がるといいなぁ。

で、お次は中山君の『I scream』。
前回はムーブ解決出来なかったみたいだけど、今日はランジの軌道を変えることによって
初めてランジも止まり、上部も解決。
e0149092_22202394.jpg

で、本人も登れる気満々だったのだけど・・・
意外や意外、そこからの嵌り方はここ最近ではマレに見るくらいのものだった。

ラストトライ前に一度大レストを入れたいということだったので、
私の『卑弥呼』に少し付き合ってもらうことに。

うん。全体的にあっぷあっぷ。
中間部も微妙だし、核心も指皮痛くて出来んしで、ちょっとがっかりな感じで終了。
やっぱり限界グレードはどちらかに絞らんといかんね・・・。

そして、中山君のラストトライは・・・
なんとかギリギリ、本当にギリギリの完登だった。
動画撮影してた私も思わずめっちゃ応援してしまった。

ホント登れてヨカッタなぁ。。。
って、よく考えるとそんなによくないか。
宿題なくなったら、今後日ノ御子にあんまり行ってもらえなくなってしまうもんなぁ。

考えたら、しばらく日ノ御子行けそうにないし。。。
間が空いたらまた振り出しに戻りそうで怖い。
『纏』、登りたいんだけどなぁ。。。

でも、やっと岩モチ上がってきたかも。
とりあえず、最近食生活が乱れてるのでその辺を是正して、
これからの週末に合わせて体調整えてこー。
[PR]
# by ponchika | 2012-01-31 23:07 | 日ノ御子(高知)

2012/1/22 日ノ御子

早朝発で明石海峡大橋を渡り、徳島からトコトコ下道を走って年始以来の日ノ御子へ。
現地近くでリクボン軍団の乗るキノピー号と合流。

昨日までの雨で路面はかなり濡れており、登れるかどうか微妙な感じ。
でも、まあベストコンディションに程遠かったけれど、なんとか一日遊べた。

ただ、こうもり岩付近は完全に水没していて×。
宿題の『バッド・エンド』を回収予定だった中山君、残念。。。

で、日ノ御子初めてのメンバーもいることなので、まずは石舞台へ。
e0149092_1155639.jpg

しかし、アップで石舞台ってどうなのよ?と思いつつ、みんなで『舞』1級。
以前に一度だけ日ノ御子を訪れたときに『舞』を一撃したらしいリクボンや中山君にとってはアップか。


『舞』を登るキノピー。
e0149092_1164466.jpg

ユージは戸河内の『イタコローチ』に続き、2つ目の1級げっとん。
私もなんとか再登するものの、この課題、私はなんか苦手ぢゃ。。。
特に出だしが足が深くてつるつるで、やな感じー。
『神楽』の方が、ムーブさえわかれば登り易いのでは、と思う。

ところで、ここのエリアで私にとって一番思い入れのある課題は『いざなぎ』なんだけど、
今日久しぶりに見てみたら・・・
当時ちびっ子ムーブを確立することが出来たキーホールドがごっそり剥離して無くなってた・・・。
リーチがそれなりにある人にとっては恐らく問題ないけれど(だってそのホールド使わないから)、
小さい人間にとっては相当厳しくなったことは間違いない。
まあ、故意でなく、たくさんの人に触られて取れちゃったのなら仕方ないんだけど・・・。

私は本日『卑弥呼』をトライしたかったので、『いざなぎ』再登トライはスルー。
ただし、『卑弥呼』は最後に『いざなぎ』に合流するので、『いざなぎ』上部はやっておいた。

リクボンは、登ってなかったという『いざなぎ』を登り、
中山君も『卑弥呼』をひらひら~っと紙のように登って、
2人ともお目当ての『I scream』2段へと消えていった。


『いざなぎ』を登るリクボン。
e0149092_1174324.jpg

残された3人はそれぞれの課題へ。
キノピーは『舞』、ユージは『いざなぎ』、私は『卑弥呼』。

一日では厳しいかなと思ってた我々の予想を裏切り、ユージは『いざなぎ』を完登してしもた。
しかし、『神楽』は登れず、というか早々に諦め。
初段を1本登れて満足してしまったらしい。
欲があるのかないのかよくわからんなー。

キノピーの『舞』は、何度か登れそうなトライがあったものの、徐々に高度を下げ、
ついにはヨレて2手目が止まらなくなってしまった。
残念!キノピー。。。

私は3人の中では一番惜しくもなんともない感じなので、ひたすらムーブばらして部分練習。
2年前のGWに来たときには『いざなぎ』合流部分がぱつぱつになり過ぎて出来なかったけれど、
今日はなんとかその部分のムーブを無理矢理構築。

ただ、繋げてきてこれが出来るのかの話は別。
かーなり厳しいと思われ・・・。
やっぱりアキさんすごいわー。。。

私もキノピー同様、最後スタートから繋げようとするも、出だしすら怪しくなって終了。
『I scream』組が戻ってきたところで移動。

撤収予定時刻的には残り1時間もないけれど、急いで火消し岩へ。
e0149092_1183129.jpg

到着してびっくり。
ここでも年始にはなんともなかったキーホールドが欠損していた。

『鬼火消し』&『纏』で使う序盤のクロスマッチホールドが欠けており、
確かめるべくその箇所のムーブをやってみるも、明らかに厳しくなってしまったように感じた。

まあ形あるものはいつか崩れるのだろうけど、こんな短期間で変わっちゃうなんて・・・。
オーバーユース恐るべし。
でも自然の中にあるものなんだから、それも受け入れて登れるように頑張るしかないんだよなー。

というわけで、残りの時間で『纏』のムーブ探り。
探り切る前に時間切れになったけど、また次回頑張りたいなと思った。

夕暮れ前に撤収し、またも下道をトコトコ走って、本日も大孫でラーメン。
あ~、おいちかった。
e0149092_119987.jpg

[PR]
# by ponchika | 2012-01-22 23:25 | 日ノ御子(高知)
昨年一年の振り返りをしようと思いながらも、気付けば今年に突入してしまっていたので、
遅ればせながら、まずは昨年の振り返りから・・・


昨年は、本当にどん底からのスタートだったなー・・・。

一昨年の千葉国体直後、あまりにも出来なかったランジの練習をし過ぎて左肩を故障。
しばらくは痛みを感じながら登り続けていたものの、いよいよ腕が上がらなくなり、登れなくなってしまった。

ここから約2ヶ月の完全レスト。
休んだおかげで肩の痛みは随分良くはなったものの、あっという間にあらゆる筋力が落ちてしまい、
クライミングを再開した年末には、V3も登れなくなってしまってた。

そんな一昨年の年末に書いてた日記より抜粋↓。


来年1年を競技に懸ける最後の年にして、
あとはこれからも続くであろう長いクライミング人生をゆっくりかみ締めながら楽しんでいきたい。

いろいろ考えて答えは出た。
あとはそれに向かって自分の出来る限りの努力をするのみ。

今は地の底に落ちてしまってるけど、必ず這い上がって見せる。
最後は笑って終われるように。



今読み返すと、ホントにどん底な文章ですなぁ・・・(笑)。

実のところ、千葉国体が終わったらもう国体競技からは退くはずだった。
しかし、その千葉ではあまりにも心残りなことが多過ぎて、自分の中で上手く消化出来なかった。
だから、中山君には申し訳ないと思ったけど、話し合ってもう一年だけ猶予をもらった。

予選・決勝とも、全く手も足も出なかったランジ課題を少しでも克服しようと、
今までほとんどやったことなかったことを急にやり出したもんだから、
体がそれに対応し切れなかったんだろう。

違和感を感じてから腕が上がらなくなってしまうまで、あっという間だった。
故障とは本当に恐ろしい。

そんな左肩の故障からの復帰で、昨年はスタートした。
とにかく、まずは以前の筋力を取り戻すこと。
それを念頭に置いて、ひたすら易しい課題からリハビリクライミングを重ねていった。

ようやく3月頃にはボルダーの調子も少し戻ってきて、福井のボルダーコンペやミニパに参戦。
e0149092_23364661.jpg

そして、すぐに4月の県予選があった。

ボルダーはそれなりに頑張れたものの、練習不足だったリードはやはり・・・な結果。
全体として納得のいく登りは出来なかったなー。。。

4月、5月とイマイチ調子が上がらない日々が続いたので、
6月には国体リハ大会を第1戦として、3週連続でコンペに出ることを決め、
それに向けて調子を上げていくよう努力することにした。

リハ大会は、苦手を露呈したところもあったものの、自分としては納得の登りが出来て、
アヤちゃんとの初めてのペアで出れたこともあって、久しぶりにコンペで楽しめた気がする。
e0149092_23374850.jpg

しかし、リハ大会直後、今度は右肩を傷めてしまう。
特定のムーブで傷めたわけではなく、恐らく疲労の蓄積によるものが原因だった。
そして、ここで安静にすべきだったのだけど、注射打って残す2つのコンペに参戦。
e0149092_23392840.jpg

万全の状況とはいえない中でのコンペ参戦だったけど、なんとかまずまずの出来で乗り切った。
6月の怒涛のコンペ月間が終わり、肩に負担をかけないように登ってたつもりだったけど、
その後さらに右肩の調子は悪くなっていく。

得意の引き付けも出来なくなり、終了点のガバにすら飛びつけなくなってしまった7月。
8月の近畿ブロック予選が迫ってくる中、どうしたら登りながら治せるかを毎日ひたすら考えて、
出来る限りのケアを日々やった。

この頃から福井のロクスケへ、チームHGの面々で度々お邪魔させてもらうことに。
毎回なかなか思うようには登らせてはもらえなかったけれど、
行くたびに体の使い方をはじめとするいろんな発見があった。
e0149092_234018100.jpg

改めてクライミングは力だけではなく、ムーブが非常に重要であることを認識させられた。
おかげで課題への取組み方も、今年は明らかに変わったように思う。

右肩の調子も、日々のケアのおかげで少しずつではあるけれど快方に向かい始めた。
リハビリも兼ねて、お盆休みには久しぶりに沢登りに。
喉がカラカラになるほどの緊張感のある登攀をしたのはいつぶりだったろう?
しばらく山にも登ってなかったので、いい息抜きをさせてもらった。
e0149092_23405051.jpg

随分良くはなったものの、やはり右肩は完治することなくやってきた8月の近畿ブロック予選当日。
ここぞというときに真の力を発揮してくれるスーパーアキさんに助けられ、
チームとしてはなんとか1位で通過できたものの、自分はリードもボルダーも不本意な出来に終わった。
山口国体への切符を手に入れれたものの、悔しい気持ちだけが残った。
e0149092_23414350.jpg

国体までの残り1ヶ月は、『もうそんな思いはしたくない!』一心だったように思う。
身体のキレを良くする為に、わずかながら体重も落とし、ひたすら登り込んだ。
幸い肩も悪化することなく、調子もどんどん上向いていった。
e0149092_23424124.jpg

アキさんたちとロクスケや浜松のSCCにも合宿に行ったりもした。
毎週末、真剣だけど、とても楽しく登れたように思う。
思えばこの1ヶ月の集中的登り込みがよかったのかな。

そして、10月の国体本番。
ここまでの道程はひたすら故障との闘いだったけど、なんとかあの場に立つことが出来て、
そして競技も無事に終えれて、本当に感慨深いものがあった。
e0149092_23434072.jpg

本番での登り自体は、自分はやっぱり可もなく不可もなく。
またもスーパーアキさんにいっぱい助けてもらった。
でも、力は出し切れたと思うから、これ以上望むものは何もない。

ただ、順位は神がかり的だった。
いろんな偶然が重なり過ぎたような気もするけど、
支えてくださったたくさんの方々に喜んで頂けたことが本当に嬉しく、
自分にとっても忘れられない最後の国体になった。

千葉のときみたいに消化不良な自分はもうそこには居なかった。
晴れ晴れとした気持ちで山口を後にすることができた。
e0149092_21494946.jpg


国体が終わってから、少し岩場に行ったり、福井に遊びに行かせてもらったりしたけど、
結局この1年は国体に始まって国体に終わった年だったのかなと思う。
その裏には、旦那・中山君の支えがあったからこその1年だったと心から感謝している。

年の初めに掲げた『自分史上最高の課題を登る』という目標は達成出来なかったけれど、
2011年という年を、多分これからも一生忘れることはないだろうな。
それだけで本当に十分。

これからは、アクセルを緩めてスピードを落とし、いろんなことをしっかり見つめながら、
夫婦でゆっくりじっくり楽しんでいきたい。


というわけで、そんな2012年の目標は・・・

『できるだけたくさん、登りたいと思えるいい課題に出会う』

『黒部・上ノ廊下遡行』

『海外ツアーの為のお金を貯める』


の3本立てでいこうと思う。

最近人が付けたグレードよりも、自分にとっての価値を課題に求めるようになってるので、
特に1番目に掲げた目標は非常に曖昧な感じのするものだけど、自分の気持ちそのままに。
登れても登れなくても、自分にとって素晴らしいと思える課題に取り組んでいきたいなと。

2番目の上ノ廊下は、実は昨年の目標だったけど、近ブロ前のお盆に行くことに私が踏ん切りつかず、
水量も多いらしいという情報を得て、断念してしまったもの。
今年こそは行けるといいんだけど、全てはその年の水量次第。
さて、どうなるものか・・・?

3番目は、さっき急に決めたもの(笑)。
超ザル女だった私がどこまで節約できるか。
昨年の暮れから節約生活、一応頑張ってます。
海外行ったことないから行けるといいなー。


2012年も素晴らしい1年になるように、これからも日々頑張ってこー!!
[PR]
# by ponchika | 2012-01-13 23:50 | 雑記

2012/1/8(日) SCCコンペ

今年も昨年に引き続き、SCC(吹田クライミングクラブ)の内輪コンペのセッターをやらせてもらいました。
昨年はうちら夫婦のみの2人だったけど、今回はカナダ帰りのリクボンも加わって3人体制でやれたので非常に助かりました。

年末からちょろちょろとOCSに出向いては少しずつ課題を作り溜めていき、
初級20課題、中級15課題、上級3課題の構成で、全部で38課題を設定。
課題は番号を追うごとに難しくなっていきます。

中山君&リクボンは主に中級(黄色&水色)~上級(黒色)課題担当で、
私は主に初級(白色&赤色)課題担当でした。

コンペ中に楽しんでもらうことが一番先決となるけれど、この課題が昨年同様コンペ後も残るので、
それも踏まえてのセットなもんで、中級以上は若干打ち込み系のものも混在してるのはご了承頂いて(笑)、
コンペ中に宿題を作ってしまったSCCの人たちやOCSの常連さんにもコンペ後にも楽しんでもらえれば幸いです。

ではコンペ中の写真を公開~。ほとんどブレブレだけど(笑)。


垂壁付近。なかなかの混雑ぶり。
e0149092_22254644.jpg


奥の被り壁前。こちらもなかなか混んでますねー。
e0149092_2226725.jpg


年末慌しくセットを頑張ってくれたリクボン。いい仕事しまっせー。
e0149092_22262378.jpg


四十肩と闘いながらも、やはり強かったyamaさん。
e0149092_222649100.jpg

優勝は、もはや敵なしのyamaさん。女子優勝も、連覇継続中の橋本さんでした。
おめでとうございます!!

そして、6,70代の方々もとても元気に登られてるのが印象的でした。
来年古希を迎えられるという根家さん。
若者にも負けることなく、水色テープのボーナスをゲットされてました。すごい!!

とにかくコンペ中に怪我人を出すことなく、無事終れたことが何よりではないかなと。
私たちもいろいろと勉強になりました。

SCCの皆様、OCSのスタッフの皆様、ありがとうございました。


セッターの御礼にと、高級チョコを頂いてしまいました。かなり嬉しい。。。
e0149092_22281044.jpg

では以下より、黄色テープ以上の課題の一言お節介解説をしておきます。
ムーブなどにも言及してるので、オンサイトを狙う方はこの先ご注意ください。

課題に関する一言コメントはこちら
[PR]
# by ponchika | 2012-01-08 23:24 | 雑記

2012年。

新年明けましておめでとうございます。

このブログも、一昨年より職場が変わってからというもの、長らく放置状態が続くことが多くなりました。
まあこれからは細々と、書けるときに書いていけたらなと思っています。

今年からは今までよりはスピードを緩めつつ、もう若くはない身体もいたわりつつ、
ゆっくりといろんなことに挑戦もしながら楽しく登っていきたいなと。

昨年までとはスタンスがガラっと変わったなぁと我ながら思いますが、
楽しくクライミングを続けていきたいという気持ちはこれまでと変わりません。

いろんなフィールドで一緒に遊んでくださる皆様、どうぞ今年もよろしくお願い致します。

               
                                           ぽんちか。
[PR]
# by ponchika | 2012-01-06 17:08 | 雑記
珍しく年末には実家に帰り、年始も特に予定がなく、どうしようかな~と思ってた正月休暇。
夏の沢合宿以来会ってなかったみっちゃんから『どこか遊びに行かへんの?』的メールが来たので、
1日、2日で急遽ぷちボルダー遠征することになった。

さて、どこに行こうか?
戸河内に宿題回収に行きたいけれど、もうすでに雪まみれやろうしなぁ。
九州まではさすがに遠いし、2日間では厳し過ぎる。

となると、やっぱり四国。
・・・日ノ御子?

というわけで、元旦の朝から橋を渡って昼過ぎに日ノ御子入り。
岩場で登るには遅くなってしまったけど、先着の車は1台だけだった。

さて、どこのエリアに行こうかなと中山君と協議したところ、
約3年前に一度だけ、しかも夕暮れ時の短時間しか遊べなかった火消し岩に行ってみることになった。

火消し岩に到着すると、我々以外誰もおらず、貸切状態。
荷物を置いて、昼ご飯食べたり、ストレッチした後、のんびり始動。
新年初登りなり。

まずは、火消し岩の下にある岩でアップ。


『ゴン』5級を登るみっちゃん。
e0149092_9335663.jpg


『しばてん』1級を登る中山君。
e0149092_9341833.jpg

『しばてん』やり過ぎた~。。。
中山君以外の女子2人は結局登れんかったし。

で、メインな火消し岩へ。
トポを見ると、その3年前にちょろっと触ったのは『鬼火消し』初段だったらしい。

他にもいろんな初段やら2段やら・・・
ってか、この岩って段以上しかないのね~。。。

なので、とりあえず女子2人は『鬼火消し』をやってみることにした。
中山君は、スタートは一緒だけど左に抜ける『フラッシュオーバー』2段にトライ。

3年前は、ルーフの抜けまでをバラバラにして、夕暮れで時間が切れたこの『鬼火消し』。
本日も、まずはムーブをばらして練習し、自分にとってより良いムーブを取捨選択していくと・・・
下部は意外と早く解決。


『鬼火消し』トライ中。
e0149092_9343426.jpg

問題は上部だった。
ちょっと遠めのカチまではまあなんとかなるものの、
リップ付近には体を引き上げれそうなホールドが見つからず。
まあ、今考えたら左ばっかり見てたなぁ。。。

左の結構高いところにあった棚っぽいところにヒールしてマントル返そうともしてみたけど、
下手すりゃすっぽ抜けて事故になりそうだったので自粛。
明日もう一度仕切り直すことに。

中山君は、『フラッシュオーバー』が早い段階でリーチかかったものの、ひたすら上部でヨレ落ち~。。。
こちらも明日仕切り直すことになっちゃった。
その後は『纏』2段や『炎(ほむら)』初段はあっさり登ってたけど。
みっちゃんも『炎』に参戦してた。


『炎(ほむら)』トライ中のみっちゃん。
e0149092_9351341.jpg

暗くなる前に撤収。
約半日だったけど、久しぶりの岩は楽しかったー。


明けて翌日。
今日も火消し岩に向かうも、昨日と違って道路からもすでにガヤガヤした雰囲気が。
降りてみるとどえらい人数の人だかり・・・。
昨日とえらい違いだわ。。。

一瞬違うエリアに転進しようかとも思ったけど、朝から微妙にぱらつく雨で川原の岩は濡れており、
林の中の火消し岩のみがなんとか登れる状況だったので、天候の好転を待つ間はここに居ることにした。

エンドレスに続くトライの輪の中にいつ入れてもらおうか伺いつつ、周辺の岩でアップ。
昨日のうちにムーブ作っといてよかったわー。ほんまに。

『鬼火消し』やら『纏』やら、とにかく火消し岩のメインなラインはこの日トライされまくり。
人のトライ見てたら、『鬼火消し』の抜けはみんな最後は右に寄ってる。
そ、そーなの?

どうやらそこには体を引き上げれるくらいの良さげなホールドもあるみたい。
これは一度抜けとかなくちゃ。

少し空いてきたところを見計らって、みっちゃんとともにトライの輪へ。
どきどきしたけど、抜けやってみたら・・・
ありました。ちゃんと抜けれるホールドが。

で、皆さんがお昼休憩に入った閑散期に、そそくさとスタートからトライ。
意外とあれよあれよと繋がって、そのまま登れちゃった。
ごっそさーん♪


『鬼火消し』。狙うは遠目のカチ。
e0149092_2018164.jpg

中山君も昨日のうちにムーブは作り上げてあったので、さくっと『フラッシュオーバー』げっとん。
やりますなー。


『フラッシュオーバー』を登る中山君。
e0149092_109431.jpg

あとは、みっちゃんと一緒に『炎』やったりしたけれど、この課題ホールド痛す~。。。
寒さも手伝って、気持ちも萎え萎えになったので、移動することにした。
というわけで、『炎』はまた次回。

で、移動先はいつも水没してたこうもり岩。
でも、さすがにこの時期は水量カラッカラ。

先に居られた地元の方が親切に課題のラインを教えてくださったのは有難かった。
中山君はそそくさと『バットモービル』、『バッドレリジョン』(ともに1級)を登り、『バッドエンド』2段へ。


『バッドレリジョン』1級の中山君。
e0149092_9371196.jpg

我々女子は『バットモービル』に打ち込み。
火消し岩と違って指皮には優しいけれど、甘いすべすべホールドがなかなかに厳しい。


『バットモービル』1級。
e0149092_9374182.jpg

なんとか頑張って『バットモービル』は登ったものの、『バッドレリジョン』は登れなかった。
リップへの一手がなかなかに厳しい距離なんだよね。。。


みっちゃんも『バットモービル』頑張ってました。
e0149092_20191789.jpg

『バッドエンド』をトライしてた中山君も最後落ちを繰り返し、結局×。

寒さに耐えれなくなってきたので、4時半頃撤収。
まあでも、午前中のことを考えたら結構遊べたので満足なり。

下道トコトコで徳島まで走って、晩御飯は大孫で徳島ラーメン。
e0149092_9381964.jpg

久しぶりに食べたけど、やっぱりここのラーメンは濃ゆくて美味す~。
がっつり肉入りを頂いといた。

今年の目標に『節約』があるので、なかなか頻繁に岩場には行けないかもしれないけれど、
数少ないチャンスを生かせるように、今年も頑張ってトレーニングに励みたいなー。
[PR]
# by ponchika | 2012-01-02 23:28 | 日ノ御子(高知)

2011/12/18(日) HG渓谷

最近『High voltage』2段を初登したコバヤン兄貴に、ウワサのHG渓谷に連れてってもらいました。

陽が当たるととても暖かいとのことでしたが、この日はずっと曇りで一日中陽の光は当たらず。
寒さに弱い私は、ひたすらお地蔵さん状態。。。
ちょっとだけ登って、後は皆さんの登りを終始眺める一日でした。


HG渓谷は一言で言うと『ワイルド』。
ハイツ級の岩がゴロゴロしておりました。
e0149092_942279.jpg


『OK!cowboy』1級を登るユージ。
e0149092_94393.jpg


『High voltage』にトライする中山君。2手目がキビシー。。。
e0149092_9434297.jpg


『OK!cowboy』のランジ、1回だけ止まったけど、最後のマントルを返し切れず、心折れて終了~。。。
e0149092_9441098.jpg


ソーマスも『High voltage』を果敢に攻める!
e0149092_9443586.jpg


セト君、みんなの期待に応えて『High voltage』2撃!更に奥からスタートも・・・
e0149092_9445313.jpg

コバヤン兄貴、そしてご一緒した皆様、ありがとうございましたー。
もうちょっと暖かくなったらまた行きたいなぁ。
『OK!cowboy』、登っておきたいし。
[PR]
# by ponchika | 2011-12-18 23:40 | HG渓谷(愛媛)

2011/11/27(日) 戸河内

いろんな事情が重なり、もうしばらくは岩にも行けないかなーって思ってたけど、
中山君の『戸河内行っとく?』の一言にほいほいと乗っかってしまった。

というわけで、日曜日、早起きして日帰りで戸河内まで行ってきた。
思ってたより来てる人多かったなー。
しかも、我々も含めてほとんどが県外のクライマー。
ロクスノにトポが発表されて以来、人気のエリアになりつつあるっぽい。

まずは最上流部にあるという『髑髏』の岩を見に行く。
かなりデカいスズメバチの巣があって登れないと聞いていたけど、
寒い日も続いてたし、そろそろ活動も休止してるのでは、と期待して行ったみた。

けど、まだ結構元気に活動されていました、スズメバチ師匠。
巣はかなり巨大で、直径80cmはあった。
諦めざるを得ない状況と悟り、すごすごと下流へ戻る。

で、結局本日も、まずは恒例のモスラ岩へ。
ストレッチやらアップをした後は、中山君は『モスランジ』初段、私は前回の宿題『レスキュー返し』。


『レスキュー返し』。繫げてきてこのギャストンの1手が核心(だと思う)。
e0149092_21362158.jpg

個々のムーブは出来た。
ただ、やっぱり繋げ核心なんだなーこの課題。

んでもって、私はラストのリップ取りでも落ちれる。
これ、やばいやーん。。。
超ド嵌りの匂いがぷんぷんするー(笑)。

とりあえずひたすらムーブを洗練させることに時間を費やしといた。
やはり一番確率悪いのはリップ取り。
止まればなんてことないなーと思うのに、なぜか止めづらい不思議な一手。

中山君はなんだかんだ言いながらもさくっと『モスランジ』を登り、『ノロ』初段も瞬殺。
で、SDバージョンの3段をば。
初段に合流するまでが相当悪いのね。。。
e0149092_21371779.jpg

その後は移動して、中山君の宿題『キングコブラ』のあるコブラ岩へ。


秋、ですな~。。。
e0149092_213745100.jpg

おケツ肉離れが未だ完治しない中山君。
故障前の前回は全く問題なかった1手目がモーレツな痛みの為出来ず。
無理しない範囲でということで、解決出来てなかった中間部の練習に勤しみ・・・
e0149092_213825100.jpg

1手目セットした状態からなら繋がっていた。
肉離れがなければ今日登れてたのにねぇ。。。

登った後は、いつも恒例の木の実へ。
e0149092_21384245.jpg

今日もがっつりぺろりと平らげて帰路に着いた。

年内、もう1回行けたらいいなぁ。
あわよくば宿題を登っちゃいたいんだけど、ちょっと微妙。
岩と自分のコンディションが最高であれば、もしかしてもしかするかも・・・。
[PR]
# by ponchika | 2011-11-27 23:38 | 戸河内(広島)
もう2週間前の話になってしまいましたが・・・、ロクスケ飲み会ツアー、振り返ることにします。


待ちに待ったロクスケ飲み会ツアー。
今回もいつものチームHG5人で福井にお邪魔してきた。

国体前最後のスクールの日に、『一度一緒に飲んでくださいよー』という私の軽い一言がきっかけだったんだけど、
トガワさんには『じゃあ3位以内に入れたら』と条件付きでOKを頂くことが出来て・・・
正直かなり厳しい条件ではあったものの、いろんなラッキーも重なって、今回の飲み会は実現されたのでした。

・・・とその前に、もちろんロクスケで登りんぐ。
今日はいろんな意味で気持ちが軽い~(笑)。


ロクスケ道中にあるダイニングコンビニで好きな具材をたっぷり詰めた弁当を胃に流し込む中山君。
e0149092_037553.jpg

今日はもちろん、明日も登れるならば登りたいけれど、飲み会次第だなぁなんて思ってたんだけど・・・

軽めのアップをしてから、赤テープ課題をセッションし始めたとき、事件発生。
ちょっと無理目なヒールフックで乗り込んだ瞬間、『パキッ』っと乾いた音が右膝から響いた。

一瞬関節がずれたようにも見えたので、怖くなって壁から離脱・・・
したけど、すでに時遅かったみたいで・・・。

この時点で膝に力が入らなかったけど、しばらくしたら違和感はあるものの、
少しは力を込めれるようになったので、アイシングしながらみんなと一緒にRound2の課題をセッション。
シミュレーションスクールのときは登れなかった課題が結構登れちゃったりするから不思議だなぁ。

日本選手権前から好調を維持している熊さん。
e0149092_23532100.jpg


相変わらずポテンシャルの高さを感じさせる師匠の登り。
e0149092_236243.jpg


トガワさんに直々に課題作ってもらって、嬉しげにトライを重ねる門下生・中山君。
e0149092_237514.jpg


着々と宿題を終わらせる『ムキムキマン』なアキさん(笑)。国体の時よりムキムキかも。
e0149092_238125.jpg


最後に、Round1のMYちゃんが登ったという変則ぷち飛び課題を。


ここ、むず~い。。。なんか止まらないんだよね・・・。
e0149092_2391213.jpg

(今回も登りの写真は全てトガワさんに提供していただきました。)
アキさん、師匠、私で波状攻撃かけるも、こちらは全員撃沈。。。
MYちゃんすごいなー。尊敬。

と、まあまあ登れて楽しめたので、大丈夫かなーと思いつつ、
アイシングしながら、副社長くまさんのお家での待望の飲み会突入!


セッティングされたくまさんの手料理の数々に感激。どれもこれもすんごく美味しかったです。
e0149092_22122590.jpg


アルコールが入って饒舌になっていくトガワさん。普段見れないいろんな一面が見れました。
e0149092_0371786.jpg


くまさんに手相を見てもらう熊さん(ややこしい(笑))。占いの結果や如何に?
e0149092_0372687.jpg


巨大たこせんの記憶がないと言ってたトガワさん。しっかり食べておられます(笑)。
e0149092_037356.jpg

結局お開きになったのは午前5時。
私も調子に乗って飲み過ぎたようで、翌朝、というか、起きたのはもうお昼だったけど、
完全な二日酔いで気持ち悪い上に、膝イターイ。。。

見たら結構膝腫れてるし・・・(腸頸靭帯損傷だった模様。腫れは、ただ単に飲み過ぎ由来)。
歩行困難な上に二日酔いときたもんで、本日の登りはこの時点で諦めざるを得なくなり。
でも、くまさんがまたも朝から準備してくださった美味しい朝食(もう朝ではないけれど)はしっかり頂き、
本日も登るという(元気ー!)アキさん、熊さん、師匠をロクスケに送り届けた後は、
私と同じくレストするという中山君とともに車のライト交換にイエ○ーハットへ。

それが終わってロクスケには戻ってきたものの、完全に廃人状態なもんで車に戻って睡眠をとることに。
それにしても、みんな元気に登ってたなー。
超人やわ。。。

2日間を完全満喫出来なかったのは非常に悔やまれるところではあるけれど、
本当に楽しい夜だったし、ほぼこの飲み会の為にやって来たので、悔いはない・・・かな。
でも、やっぱり故障しちゃったことと、調子に乗って飲み過ぎたのは反省しなくちゃ。。。

翌日も登りたいなら、やっぱり深酒は厳禁(当たり前)。
酒は好きでも、もう若くないんだから、その辺自覚しないと。

そんなこんなで終了した今回のロクスケツアー。
宿泊場所とたくさんの美味しい料理を提供してくださったくまさん、本当にありがとうございました。
またお邪魔しちゃっていいですか?
うちのカーナビにはバッチリ地点登録されちゃってますので(笑)。

トガワさんも、今回はスクールでなかったのに、ほぼスクールみたいに一緒に登ってくださってありがとうございました。
飲み会のトガワさんもいろんな一面が垣間見れて、ほほうって感じでした(笑)。
また是非一緒に飲んでください!!

MYちゃん、土曜日はお仕事お疲れ様&日曜は一緒に登れんでごめんね。
今度こそMYちゃんとセッション出来るように、膝治して、顔洗って出直してくるわー。

チームHGの皆様もお疲れ様でした。
みんなの体力に脱帽するとともに、私は素敵な仲間に囲まれてるなぁと改めて思いました。
そして、そんな仲間とともにまた福井の素敵な方々と繋がれた今回のツアーに本当に感謝。
膝の件は、ご心配おかけして本当にスミマセンでした。


またロクスケツアー(飲み付き)、あるといいなぁ。。。
[PR]
# by ponchika | 2011-11-19 23:03 | ジム遠征