お気楽狸の徒然記録【2010.10~2013.4】

by ぽん。

2012/5/12(土) 日ノ御子

GW明けの今週末も日ノ御子へ。

木曜に風邪を引いてしまい、発熱の為金曜は一日家でゴロゴロ。
おかげでなんとか土曜の朝に熱が下がったので、ギリで日ノ御子行き決行。

到着したら、江坂の常連ご一行様が火消し岩に先着してた。
e0149092_10191855.jpg


ポーズのキレを追求するもっちゃん(笑)。
e0149092_10193178.jpg


『911』にトライしてる人初めて見たかも。こういうライン取りなのね・・・。
e0149092_1021491.jpg


5月というのに奇跡的な涼しさ&コンディションのおかげで、GWの時よりもフリクション良好。
もちろん私は本日も『纏』なわけで。
e0149092_10242444.jpg

繋げて上部の第1核心・リップ手前の悪フラットカチ止めで落ちる落ちる・・・
ココの手前でぷつんと電池切れを起こしてる感じ。

男性のスタンダードムーブな厳しいあの一手が出来そうもないので、その為に4手も増えてしまう。
しかも自分的核心は結構高さのある上部に集中している。

持久力のない私にとってこれは相当厳しい事態だけれど、
ムーブ自体はばれてるので少しずつでも手数を伸ばしていけたらと思う。

本日の最高到達高度は、大休憩の後の最後のトライで、落ちまくってた第1核心の一手を止めたとこまで。
しかし、この後ももうひとふん張りが必要なので、近いようで実は遠いのかも。。。

今日も一日スポットと運転手に徹してくれた中山君に感謝しつつ、
本日も徳島ラーメン。

今回は黄系の『銀黒』です。
e0149092_10214074.jpg

チャーシューのグレードがかなり高かったなー。
とろっとろでした。

暑くなるまであと何回岩に行けるかなぁ。。。
[PR]
# by ponchika | 2012-05-12 23:18 | 日ノ御子(高知)
【5月3日】
早朝出発で日ノ御子。
合流するファイ田によると南国はピーカンらしいけど、こちらは未だに霧雨が降り続いていた。
橋を渡ってるときでさえ、雨が降っていた。
ほんまに現地は晴れてるのかさえ疑わしい程の空模様。

徳島に上陸してようやく雨もやみ、天気も回復し始めた。
『岩、乾いてるといいんだけどなぁ・・・』と思いながらいつもの節約コースで徳島の山道をトコトコ走るも、
ナビがやたらと来た道を引き返そうとさせてくる。

どうやら山道が、昨日の雨で何箇所か通行止めになってるっぽかった。
ここから引き返してたらエリア到着がとんでもない時間になってしまう。
前を走る車も通行止めなんてどこ吹く風っぽいし、対向も普通に来てたので、大丈夫と信じて突き進んだ。
結果、どこも通行止めはなし。
無事集合場所に時間通りに到着。
久しぶりのファイ田一家と合流。

娘大きくなったなー。
しかもかわいくなっとった(笑)。

歩き出した時以来か。
ってことは嫁(大学の後輩)ともそれ以来?
ほんま久しぶりやなぁ。
e0149092_995855.jpg


息子とは初めてのご対面やし。
父の雑草魂DNAはちゃんと受け継がれとるねー(笑)。
e0149092_9111059.jpg


家族を尻目に岩登りに夢中な父ちゃん。『卑弥呼』トライ中。
e0149092_9103882.jpg


今回は案内役に徹する中山君。重りベルトつけて『卑弥呼』でトレ。
e0149092_9121011.jpg


昼頃に合流するはずだったみっちゃん。来るの遅い~!結局ファイ田家とは1時間ほどしか絡めず。
e0149092_9132657.jpg


暖かくなって体が動くようになったおかげ?
ホールド欠損後、ムーブ変更してからようやく前半が安定し出した『纏』。
e0149092_9125466.jpg

ホールドの湿り具合と染み出しがひどかったので、ひたすらムーブ練習。
明日への希望を繋いでおく。

そんなこんなで1日目終了。


【5月4日】
昨晩から降り続いた雨でテンションだだ下がり。
今日は無理かも~。。。と思ってエリアに近づいていくが、こちらは降った形跡なし。
たった10㎞ほどしか離れてないのに~。。。

アンパンマンミュージアム前で、香川に家族を残して本日は単独でやってきたファイ田と合流。
風も吹いてるし、ベタベタに染み出してた昨日よりはコンディションいいかもーと思いつつ、
車を走らせてると、昨晩から日ノ御子入りしてたハヤシ君&ホクト君と遭遇。
案内役を懇願されたので、自分らが知ってる範囲で本日ご案内することに。

で、ファイ田の『卑弥呼』の回収もあったので、まずは石舞台へ。
e0149092_9141671.jpg


そして、ここでなんとお久しぶりのスズエさん、ともしょうさん、マリリンと再会。
e0149092_9143568.jpg

岩場に女子がいるとやっぱり華やかですな。
楽しそうにレディースセッション中でした。

ファイ田も『卑弥呼』回収できたし、京大ウォールコンビも『卑弥呼』までコンプしたので、
お次は火消岩へ。

ここでもファイ田は絶好調。
前日ベタベタで完登を見送った『鬼火消し』回収を皮切りに、『纏』、『炎』と次々登る。
e0149092_9151940.jpg

さすが家族を置いてきただけあるなー(笑)。
ハヤシ君もサクサクと『鬼火消し』『纏』を登り、『フラッシュオーバー』にトライ。

私は昨日に引き続き『纏』。
e0149092_9154624.jpg

昨日のコンディションである程度メドがついてたので、完登まではいかなくても、
目標の箇所までは行けると思ってたんだけど・・・

現実は厳しく、気付いたらヨレて高度が下がる始末。
これだから繋げ核心の持久系は難しい。
また仕切り直しですわ。。。

3時にファイ田は帰っていき、私もヨレたので4時頃終了。
自分の不甲斐なさに若干凹んだものの、『コンビニエンスおかばやし』でスイーツ買ってテンション上げといた(笑)。

ほんでもって、今回の徳島ラーメンは初の白系に挑戦。
e0149092_916225.jpg

中山君がまにあっくさんのブログ見て行ってみたかったらしい小松島の『岡本中華』へ。
スープが抜群に美味しかった。
個人的にはもうちょっとチャーシューが柔らかかったらなお嬉しかったな。

そんなこんなでGWの遠征は終了。
遊んでくださった皆様、ありがとうございましたー。

これから暑くなるけど、もうちょいだけでも岩場に行ければいいな。。。
[PR]
# by ponchika | 2012-05-04 23:55 | 日ノ御子(高知)

2012/4/29(日) 戸河内

本日は早朝出発で戸河内へ。
今回は一応泊まりの予定なので、先にキャンプ場にテントを張ってから岩場へ行く。

10時半くらいの時点で結構車は停まってた。
地元ナンバーと関西ナンバーが半々くらいか。

うちらは、まずは最上流部の『髑髏』へ向かう。
昨秋から何度か訪れてはいたものの、巨大ススメバチの巣があった為近づけず。
なので、『髑髏』は今回が初めて。

アップらしいアップも出来ずに取り付くことになったのだけど、正直いきなり厳しいホールドの連続。
中山君もちょっと苦戦。
私なぞ、2手目以降は出来る気がせず。

あの左奥にヒールが届かない人は無理っぽい気がする。
鬼の保持力があれば話は別かもだけど。
厳しい初段ですなぁ。。。

中山君はなんだかんだと『髑髏』はげっとん。
e0149092_2252032.jpg

『さらに下からいっとく?』と聞いてみたけど、食指が動かんらしく、そのままそそくさと移動することに。

モスラ岩はなんだか混雑してそうだったので、人の居なさそうなコブラ岩へ。
中山君は宿題の『キングコブラ』をやるものの・・・
e0149092_22523936.jpg

やはりまだ右ヒールがダメみたい。
しかも、前回はその後のムーブはほぼ完璧だったのに、今日はムーブ迷子になっておった。

私も冷やかしで『コブラ』を触るも、やはり決定的にリーチが足りてない。
戸河内の初段はチビッコには厳しいですなぁ。。。

そんな私でも、まだ頑張る余地を与えてくれる、モスラ岩のこの課題。
e0149092_2253734.jpg

最初『レスキュー返し』だと思ってトライしてたら、
ローカルの方曰く、『レスキュー返し』は『ヅラ返し』のいわゆる『下回り』だそうで。

この課題は、『レスキュー返し』とスタートは一緒だけど、もうちょい右まで出て直上するライン。
トポに掲載されてないし、グレードも名前も不明だけど、多分初段くらいかなと。

中山君は登ってるけど、私とは中間部のムーブが全然違う。
私的核心はやっぱり続けてきてのギャストン止め。

今日は部分的にはかなり完璧に近づいたものの、やっぱりスタートからは止め切れなかった。
ただ、ラストのリップ止めも確率悪くて核心だったんだけど、今回新たに別の良いムーブが見つかったので、
前回よりは完登が見えてきた気がする。

それにしても、急に暑くなったせいか虫が多かったなー。
またもぶよに脛を刺されてしまった。
急いで応急処置はしたものの、あっという間にぱんぱんに。

しかも、いつものお好み焼き屋さんは臨時休業してるし、
泊まる予定だったのに天気予報が悪化して朝から雨予報になってるし・・・。

雨の中の撤収はいろいろ悲惨なので、渋々テント撤収して帰ることにした。
なかなかの踏んだり蹴ったりで今回の戸河内ツアー終了。
次回はいつになるのやら・・・。
[PR]
# by ponchika | 2012-04-29 23:49 | 戸河内(広島)
今年は初めて選手の立場を卒業し、スタッフとして臨んだ県予選。
今までとは違った緊張感のある一日になった。

私の担当は成年女子。
選手は例年のごとく少なく、アキさん、アヤちゃん、師匠の3人のみ。
でも、このハイレベルな3人に楽しんでもらえる課題をと、
中山君と話し合い、試登を重ねながら課題をセットした。

全員に全完してもらいたい。
けど、アテンプトで差がつくように。
全完が無理でもせめて3完。
ただし、登らせ設定ではなく、4課題とも全力を出してもらえるような課題にしたい。

1課題5分×4課題のラウンド方式となると、オンサイト能力やペース配分等々、
複雑にいろんな要素が絡んでくる中で、選手がどんな反応をするのか。
考えれば考えるほど『これで狙い通りのところに着地出来るんかなぁ・・・』と本当に不安だらけだった。

少年男子、少年女子と競技が終了し、いよいよ成年女子。
出走順は、1番アキさん、2番師匠、3番アヤちゃん。

1番に出てきたアキさんは、第1課題こそ少し動きは硬かったけど、
4課題とも一撃で、エースとして文句なしの結果。

2番目の師匠は、ここ最近仕事が忙しく、まともに登れない日々が続いていたみたいだけど、
そんなことを微塵も感じさせない仰天(!)の登りで第1、第2課題と一撃。

第3課題は勝負を分ける課題となり、残念ながら完登ならず。
しかし、第4課題も一撃はならなかったものの、最後はきっちり完登で締め括ってくれた。

最終出走のアヤちゃんには相当のプレッシャーがかかったのは間違いないと思う。
しかし、やはり彼女は強かった。

第1、第2課題で少々ヒヤッとする場面はあったものの、なんとか一撃。
運命の第3課題で、1アテンプトは取られたもののきっちり2撃で巻き返し、
第4課題では、これまた仰天ムーブでボーナスを止めてキター。

ただ、止めはしたけれど、ワースなムーブだったもので一撃ならず。
珍しく焦りが若干垣間見えたけど、最後は完登で締め括り、成年女子の競技は終了した。

結果、アキさん&アヤちゃんの新コンビ結成!
今年のHGもいいチームになりそう。

実のところ、第1、第2課題で3人とも一撃で並んでる時はほんまにドキドキものだった。
登ってほしいけど、うむむむ。。。な感じで。

決してウェルカム課題ではなかったはずなんだけどなぁ。
やはりコンペって凄いパワーが出るんやなぁと、改めて感じた。
そういう自分だって、毎回コンペパワーに頼った登りしてきたんですがね(笑)。

ともあれ、狙ってた結果になんとか着地できて、中山君とともに胸を撫で下ろしたことは言うまでもない。
まあ、3人の実力を把握してたからある程度狙い通りにはいったけど、
これが全く登りも見たことないような選手が集う不特定多数のラウンド方式コンペなぞになろうもんなら・・・
考えただけで恐ろしい。

成年男子もかくかくしかじかあったけど、なんとか無事に決着は着き、
今年も昨年同様ケンボーとサイノちゃんのコンビに決定。

全カテゴリーとも本国体に進めるように頑張ってほしい。
私も岐阜には応援に行きたいなぁ。

競技終了後は、例年のごとく三宮で打ち上げ。
今年は記憶無くさず、無事帰宅(笑)。

選手&スタッフの皆様、2日間お疲れ様でしたー。
[PR]
# by ponchika | 2012-04-08 23:53 | 兵庫県国体予選

2012/3/11(日) 日ノ御子

先日は男性スタッフを連れて宮川に社員研修に行ったらしい社長。
そんな社長が日頃の女子社員への感謝の気持ちを込めて、
日ノ御子とかいう高知の岩登り出来る場所へレクレーションに連れてってくれることになった。

昨晩から我が家に拉致られたマツもっちゃんも加えた3人で朝6時に出発。
社長の運転で明石大橋を渡り、徳島の山道をトコトコ走る。
しかし、後部座席でマツもっちゃんは車酔いの為、半分死亡。
かわいそうなことをした・・・。

出発自体が遅れた為、当初の予定より1時間以上遅れて岩場到着。
時間を繰り上げることとなり、アップに割ける時間は1時間。
アップはデンジャーロック付近にて。


『サスケ』5級でアップするマツもっちゃん。
e0149092_2062748.jpg


そういや『忍び』2級は登ってるんだけど、『クノイチ』3級はやったことなかったので今回初トライ。
e0149092_2064929.jpg

嵌った。。。
指皮を若干減らしつつ、なんとか登っておいたけど・・・。
ここ最近の重量化に伴い、体のキレが非常に悪い気がしないでもないけど、アップなので気にせず次へ移動。

お次は火消し岩。


・・・を前に、スリーエフのお弁当を頬張るマツモト嬢。
e0149092_2073522.jpg

ここの持ち時間は1時間半。
なにせ時間がないので、急いで『纏』に取り付く。
e0149092_2081891.jpg

前回のコテンパン具合からは少し脱却か。
しかし、やはり上部核心はすっぽ抜けそうで怖い。

下部でヨレてからの上部になるので、上部のムーブを詰めることに鋭意努力しといた。
んでもって下部の練習も。
今回はとんがったヒールのホーネットを投入してみたら、各ヒールムーブが安定。
やっぱり道具は大事よねー。

被りに強いマツもっちゃんもいい感じで下部のムーブを繋いでいた。
『鬼火消し』狙ってこー!


今回はひたすらサポート役に回ってくれたウチの社長(笑)。感謝感激雨あられ~。
e0149092_2091873.jpg


で、火消し岩でちょっと時間はオーバーしたけど、最後に石舞台。
e0149092_20183123.jpg

マツもっちゃんの『舞』に私もお付き合いしてみるも・・・
この課題、ほんまに登ったんか?的な動きを繰り返し、そのままずるずる。。。
てへ。
e0149092_2011756.jpg

マツもっちゃんは私より上手くスタートをこなし、下部のムーブは出来とった。
キノピーより先に登っちゃいなよー(笑)。

ってな感じで、3時には登りんぐを終了して撤収。
またも、とことこと来た道を戻り、もはや恒例となってきた感のある大孫にin。

マツもっちゃん美味しいと言いながらも食べ切れてなかった(笑)。
味濃過ぎた?
e0149092_20115444.jpg

そんなこんなで、ほんわかマツモト嬢との楽しい社員旅行(?)でした。
次回の社員旅行は、広島でお好み焼き行っとこー!
[PR]
# by ponchika | 2012-03-11 23:41 | 日ノ御子(高知)
噂には聞いていたドリルさん主催の花崗岩選手権の招待状が、なぜか今年は我が家にも届いた。

今回は女子専コンペらしい。
しかも場所は○島。
あんな場所で登っていいのか?という疑問を抱きつつ、とりあえずエントリー。


当日の朝に家を出発し、フェリーで○島に渡る。
e0149092_2335045.jpg


渡った先は鹿がいっぱい。
e0149092_2341179.jpg


招待状に添付されてた地図を見ながら現地到着。
海岸に出てみると岩ごろごろ。
e0149092_2345584.jpg


時間が早かったせいもあって誰もいないプライベートビーチ状態。
神秘的な穴ぐらに吸い寄せられていくけれど・・・
e0149092_2351797.jpg


コンペ開始まで時間もあるので、中山君は一番見栄えのする岩のポッケ課題を登り始める。
e0149092_2361031.jpg

SDからやると初/2段~2段くらいか?
執拗なトライの末、げっとんしとった。

スタンディングスタートは『オリジナルラブ』という3級。
ライン取りもいいし、上部は高さもあるので充実感あり。
ここに来たら、これは登っておきたい1本。


1時過ぎくらいから参加者が集まり出し、2時半過ぎに開会式が始まった。
e0149092_2371185.jpg


主催者のドリルさん。いろいろと準備してくださって有難うございました。
e0149092_2373171.jpg


コンペ開始と同時に、私は一目見て登りたいと思った『オリジナルラブ』に取り付く。
e0149092_2382961.jpg

ポケットは苦手だし、高いのも苦手だけど、なんとかかんとか登る。
左隣のフェースの2級課題もなんとか。

ふにゃふにゃの指皮に花崗岩は刺激的過ぎたけど、準備されてた13課題を楽しく順番に登っていった。
ヨコちゃんが登るこの2級課題もちょっと嵌ったけど、なんとかかんとか登り、全課題終了!
ヨコちゃんも最後にこの課題を見事完登!!
e0149092_2310210.jpg


いつ見てもフェアリーなヤマヒロさん。でも意外にアグレッシブ?
e0149092_2310176.jpg


本当に久しぶりのタマちゃん。2年のブランクを感じさせないくらい相変わらず強かった!
e0149092_23104123.jpg


で、なんとワタクシがベストパフォーマンス賞を頂いてしまいました。なんだかスミマセン。。。
e0149092_23112136.jpg


このガラス製のお皿、よく見たらなぜかPBロゴそっくりのBPロゴが・・・。いわゆるパ○リ?(笑)
e0149092_2317734.jpg

お久しぶりの方々とも会えたし、久しぶりの花崗岩も登れて、楽しいひとときでした。
ドリルさん、招待してくださってありがとうございましたー。
参加された皆様もお疲れ様でした。

コンペ後は廿日市のお好み焼き屋、『さくらや』へ。
e0149092_2312190.jpg


おばちゃん2人が手際よく焼くお好み焼きは、今まで食べた広島風の中でもかなりレベル高かった。
ボリューム感もすごかったー。
e0149092_23122268.jpg

心もお腹も満たされて、広島を後にした。
またお好み焼きを絡めて、次回の広島は戸河内かな(笑)。
[PR]
# by ponchika | 2012-03-03 23:43 | 生岩コンペ
結局朝になっても、四国の通行止めは解除されることなく、渋々本日の日ノ御子を諦めざるを得なかった。
せっかく早起きしたけれど、二度寝するのもなんだかなぁ。

2人で協議した結果、行ったことのないジムに遠征することになった。
で、岐阜のR&Fへ。

国体岐阜代表のクボさんのジム。
一度は行ってみたいと思いながら、なかなか足を運べなかったけど、今回は訪れるいい機会になった。

外に看板がないので、『ここ?』と疑心暗鬼になりつつ中に入ると・・・
e0149092_10513678.jpg

外からは想像できない、広くて快適な空間が。
内装もキレー。
冷暖房も完備で、快適に登ることが出来た。

肘を傷めてからというもの、ボルダーのみを一日中ってのはほとんどやってなかったものの、
今日は肘の調子もまあまあ良かったので、易しい課題をたくさん登ってアップしてから、
自分にとってちょうどいいくらいの課題をのぼのぼ。

オレンジ~赤テープくらいがちょうど良かったかな。
もちろん登れないのもあるんだけど、テープ課題は数がたくさんあるので充分楽しめた。

最後は2人ともヨレヨレになって終了。
岩には行けなかったけど、それなりに充実した一日になったのでよかったと思う。

中山君、本日も運転ご苦労様でした。
[PR]
# by ponchika | 2012-02-19 23:50 | ジム遠征
中山君が金曜日休みになったので、ここぞとばかりに有給発動。
先週よっちゃんに案内してもらった三重の岩場に、夫婦2人でまたまた行ってしまった。

まずは『お受験』初段の岩へ。
e0149092_941564.jpg

私は、今回どうしても『お受験』は登っておきたくて、
午前中、いや、昼ちょっと過ぎまでここに居座ることになったのだけど・・・


『お受験』トライ中。
e0149092_9414624.jpg

私にとってはとにかく序盤が厳しかったこの課題。
1手目がどれだけしっくり持ててるか、その後の足置き、クロスでの三角カチ取り、
そしてそこからのガバ取りまで、全てが精度良く決まったトライでなんとか『合格』することが出来た。

ただ、この完登トライは序盤こそ精度良く決まったものの、
中間部から終盤の精度はぐだぐだで、ことごとくスイートスポットを外してしまい、かなり泥臭い完登になってしまった。。。

私の中では、クロスでの三角カチ取りで足がしっかり残せるかが一番のキモだったように思う。
前回初めて触ったときは、私一人がひたすら序盤で嵌ってた。
それが妙に悔しくて、『絶対登ってやるー』って久しぶりにメラメラ。
たまにはこういうのも大事かも(笑)。


私が『お受験』をトライしてる間、中山君は『登竜門』。
e0149092_942729.jpg

スタートから安定したムーブでリップ取りまではいくものの、
そのリップを止めるのが、リーチのない中山君にとっては厳しげだった。
ちなみに中山君は身長163cmです。よく誤解されてるみたいなんで037.gif


その後は移動して、中山君の『メガロドン』2段へ。
e0149092_9423998.jpg

トライしてるの初めて見たけど、これまた厳しそうな課題だにゃー。
私はちょろっと『上手』1級を触ってみる。

うん。出来る気がしなーい。。。
『お受験』終わったもんで、完全にまったりモードにスイッチが入り、
ストーブの前から離れられなくなってしまった。

最後に、前回完登動画を撮れなかった中山君の『ゴンザレス』を動画に収めるべく移動。
・・・したのだけど、車から荷物取り出そうとしたときに、
急に中山君が『やっぱりオレの動画はもうええわ。それより今から宮川行かへん?』と言い出した。
宮川で『あめご』をやりなさいと。

ただ、今から宮川に移動しても、日没まで登れる時間は、あって30分。
しかも、ほぼ私だけの為の移動になってしまうのが非常に申し訳ない気がしたけど、
出来る限りのスピードで、宮川まで高速移動してくれた。


で、日が暮れかかった頃、宮川に到着。
そそくさと川原に下り、『あめご』初段に30分だけトライ。
e0149092_9435872.jpg

中継カチからマッチするガバカチ取りが厳しいですなぁ。。。
足は絶対残せないし。
あと、被りでの細かいホールドを保持する力も足りてないなぁと痛感。
すぐには登らせてもらえなさそう。

でも、『あめご』の全容を知ることが出来て、トライさせてもらえて本当によかった。
ありがとー、中山君。
次回は『マスタング』にも行こうでー。

というわけで、日没前に撤収。
この頃から雪がちらつき出していたけれど・・・

ヤバイのでは・・・と思ってた高見峠も猛吹雪の中、無事通過。
運転しづらい中、頑張ってくれた中山君には本当に感謝。

帰宅後、実は今日っていろいろラッキーやってんなぁと気付く。
会社行ってたら西明石の事故できっと帰宅困難になってただろうし、
三重でもう一日登ろうと泊まってたら、積雪で動けなくなってただろうし。

結局翌日は体ガタガタで、登るなんて無理無理。
2人して『今回は最良の選択やったな』と、妙に納得。
土曜は完全レストして、日曜にまた岩へ行くつもりだった。
この時点ではね・・・。
[PR]
# by ponchika | 2012-02-17 23:39 | 三重(三重)

2012/2/12(日) 宮川

朝起きたら、テント下のシートがパリパリに凍ってた。
でも、ボルダーマットを下に敷いて寝たから地面からの冷気を感じずにぬくぬくで、結果起きれず。
ってか寒さのせいでスマホの電源落ちてしまってて、アラーム鳴らんかったんよね・・・。

朝食に、買ってきたパンをもぐもぐ食べたにもかかわらず、さらに昨晩の鍋の続きを頂き超満腹。
私、皆さんより活動指数低いのに、明らか食べ過ぎ。。。


それぞれに撤収作業をし終え、いざ出発。
本日もよっちゃんに宮川というエリアを案内してもらった。

山口国体以来のしん君やしばもっさんらも加わってより賑やかに。
まずは、中山君が『登りたい!』と切望していたルーフ課題『ハイパワーブレイン』2段へ。

私はその上部を登る『パワーブレイン』1級を少しトライ。
一手ずつ探っていく作戦に出るが、4手目のギャスカチ取りで進めなくなっちゃった。

しん君ムーブのヒール掻き込みならば、まだなんとかなりそうだったけど、
またも肘の痛みが出始めたのと、『ハイパワーブレイン』トライの人が多くなってきたので、
私はこれにてチーン。。。

後は動画や写真撮影をしながら皆さんの応援。
しん君やローカルのウエダさんが華麗に完登し、しばもっさんも超安定したムーブで再登。
そして、後からハヤシ君とやって来た京大のJ君が有り得んムーブで登ってしまい、我々一同苦笑い。
若いってすごいねー。

で、残ったのはハヤシ君&中山君。
皆が移動しても居残り、泥仕合の末、二人ともめでたく完登。
ヨカッタヨカッタ。
2人は付き合ってくれたよっちゃんに感謝せなあかんよ。


『ハイパワーブレイン』を登るよっちゃん。本当に2日間ありがとう!!
e0149092_21543111.jpg

移動して、次は『あめご』のあるエリアへ。
e0149092_21574385.jpg

出遅れた2人ではあったけど、『チャンドラ』2段、『あめご』初段を、
中山君が登ればハヤシ君が次のトライで登るという対人効果で登っていってた(笑)。

私は、もう今日は登れんなーと思ってたけど、サトミさんがトライし始めた『鉈』初段という、
恐ろしくカッチカチの課題が面白そうに見えたので、一緒に少しだけトライさせてもらった。


『鉈』にトライするサトミさん。なんで私バンザイしてるの?
e0149092_2158493.jpg

が、昨日の『カッターナイフ』に続き、ホールドが痛過ぎるのと、足が深いのとで何もさせてもらえず敗退。。。


そして出来そうもないムーブをしながら何故か半笑い…。
e0149092_220984.jpg

サトミさんには頑張っていただきたい。
今の私にゃ無理だー。。。

で、中山君ももう終わりモードだったので、帰りの時間も気になるし、撤収しようと思ったら・・・
中山君から「最後に『あめご』触っとけ」指令が出た。

いやいや、被ってるし、肘に負荷かかるし、無理だから・・・
と思ってたんだけど、ちょっとだけ触ってみたら、これが思いの他面白かった。
まあ、たった2回しか触れんかったけど、次回は腰据えてちゃんとトライしてみたい。
ということで、これも登りたい課題その2に認定。
日ノ御子が一段落したら、ここにも是非通いたいなぁ。


凍結が心配な峠を越えなければならないので、まだまだトライし続ける皆さんよりお先に失礼させていただいて帰路に着く。
この2日間、私はあまり登れなかったけど、皆さんのクライミングに対する熱い気持ちやトライを見て、たくさん元気をもらったし、何より楽しかった。
今は肘の故障で万全の状態ではないけれど、必ず治して、また私も楽しく登れるようになりたいと心から思えたいい週末でした。

遊んでくださった皆様、そしてずっと案内してくれたよっちゃんには本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
これに懲りず、また我々夫婦と遊んでくださいね。
[PR]
# by ponchika | 2012-02-12 23:50 | 宮川(三重)
今日は、よっちゃんの案内でお初な三重の岩場へ。

よっちゃんに会うの何年ぶりやろー。
色の黒さと顔のちっちゃさと笑顔は全く以前と変わらずで、なんだか一安心(笑)。

はるかママさんは、初めましてー。
お子さんがいるとは思えないくらい、とてもかわいらしい方だった。
初対面の私たちにもバレンタインのチョコケーキを振舞ってくださって有難く頂戴してしまいました。

さて、今回のツアーに意外にも乗っかってきたみっちゃんも、
ナカガイ堺の人たち3人と集合場所のコンビニにやってきて、いざ出発。

まずは『お受験』の岩から。
e0149092_2272789.jpg

みんながアップでさくさくと登ってしまった『使命』3級にダダ嵌る・・・。
この課題で今日一日が決まってしまったと言っても過言ではないかも。

みんなと同じスタートスタンスでいこうとして嵌り倒したわけだけど、
中山君のアドバイスにより、スタンスを一つ上に上げたトライでなんとか登る。

人と同じことが通用しないのは百も承知してるはずなのに、なんか今日はえらく焦ってしまって、
『アップだし、早く登らなきゃ』と、この時点で気持ちに余裕がなくなってたと思う。

で、『お受験』初段。
序盤で足を踏ん張って残すのが、私にとっては厳しい。
一応ムーブは解決したけれど、繋げられず時間切れ。。。
序盤ムーブの確率が悪いので、もうちょっといいムーブを探っておきたかったなぁ。


『お受験』トライ中。
e0149092_22131384.jpg

みっちゃんは最終トライでリップまで完全保持したのになぜか落ちとった。
もったいなかー。

でも、これはいい課題!
次回にはなんとか登りたい課題その1に認定。

その後はよっちゃんの案内で、道中色々案内してもらいながら、
『オメガ』初段や『ファイヤ』3段のあるエリアに到着。

ここで、これまたかなりお久しぶりのサトミさんに会う。
『オメガ』を超打ち込み中らしい。
そんな男前な、でも女子力も相当高い彼女からもチョコを頂いちゃった。
むふ。ご馳走様です。

とりあえず荷物を一旦置いてみたものの、『オメガ』は相当男モノの課題と聞いていたので、
尻尾巻いてきむきむさんの案内で『上手』1級周辺へ。

『上手』、これまた男モノやーん。。。と尻尾巻いて、『二段構え』という4級を登り、
その後『カッターナイフ』1級へ。

その名の通り、痛いホールドしかない!
ムーブばらしにかかるけど、しまいには皮がなくなってホールド保持するのも嫌になってチーン。。。
肘の痛みも出てきたので、深追いせず、ひたすらストーブに当たってみっちゃんとN田さんの応援。

みっちゃんは飄々とムーブを解決したけれど、やはり繋げられなかった。
しかし、年始に会ったときよりは明らかに調子が上がってると感じた。
最近結構ジムにも行って登れてるみたい。

彼女、クライミングに対するモチは低いけど、私の知る女子クライマーの中では才能は一番あるからなぁ。
でも、次は負けんぞー(笑)。
なぜかわからんが、みっちゃんにだけは絶対負けたらあかん気がするんよね、高校の体操部だった頃から。

クライミングに関しては、本来ならば勝てる要素はモチ以外何一つないんだけども。
だから、せめて気持ちと努力だけは絶対に負けないようにしようと、この日強く思った。
最近肘の故障で気持ちもパフォーマンスも落ちてたけど、
『ぬるま湯に浸かってる場合じゃないぞ』と、いい刺激をもらえた気がする。

というわけで、本人は意図してないやろけど、ありがとーみっちゃん。
なんかプレゼントもくれたし、相変わらずいい奴ぢゃな(笑)。

最後に、中山君がやりたかったという『ゴンザレス』2段へ。
e0149092_22142813.jpg

最初はなかなかに厳しそうだったけど、きむきむさんの下部ムーブを伝授されたトライでそのまま完登。
よって完登動画なし(笑)。
まさか登れると思わなかったんだもーん。。。

そんなこんなで夕暮れを迎え、本日の登りんぐ終了。
温泉に行ってこざっぱりして、晩は総勢13名で鍋キャンプ。
よっちゃんやはるかママさん、サトミさんには本当にお世話になりました。
e0149092_22151078.jpg
e0149092_22152813.jpg

ボルダーキャンプ、かなり久しぶりで、なんか昔を思い出してしみじみ。
これからもまたこんな週末を過ごせるといいなーと思ってしまった。
寒かったけど、本当に楽しい夜でした。
[PR]
# by ponchika | 2012-02-11 23:35 | 三重(三重)