お気楽狸の徒然記録【2010.10~2013.4】

by ぽん。

カテゴリ:国体近畿ブロック予選( 2 )

近ブロ2日目は、三宮のグラビティリサーチにてボルダー競技。
選手受付は8時半だけど、成年女子のアイソクローズ予定時刻は14時なので、ヒマヒマ星人。

居場所もあまりないので、女子更衣室に成年女子が集まってひたすら楽しく井戸端会議(笑)。
少年女子・男子の競技時間になったら応援に出て行くって感じで。

アイソレーションに入っても、あまり緊張感もなく、
アキさんと課題作り合ってセッションしながら楽しくアップ。
『このままずっとアップだったらいいのにー』って感じだった。

オブザベの時間がやってきて、壁の前に飛び出していく。
まずは奥の被った黒壁の第3課題からオブザベ。

手数多っ!
そしてなんだか威圧的。
ビシバシ系で難しそう。

で、その向かいのオレンジ壁第4課題を見る。
スローパーピンチから外傾ポッケのクロスが気になるものの、
このときはまさかこの課題に翻弄されることになるとは思いもせず。

第1課題は、ホールド悪そうだけど、多分落としちゃいけない課題。
第2課題は・・・最初目に入ったホールドの並びだけでぱぱっとオブザベしちゃってたら・・・
後になって謎な2つのホールドが出だしの上部に付いてることに気付いた。

オブザベやり直ーし!するものの、『あれれ?どーゆーこと??』状態でオブザベ終了~。
傍で見てたセッター陣にも苦笑いされながらアイソに戻ることに。

アキさんと私の顔に急に緊張感が走り出す。
アイソに戻って監督が書いてくれたオブザベ用紙をひたすら眺めるも、やっぱりわからない。
とりあえず第1課題を確実に一撃して、第2課題の為に時間を作ろう作戦でいくことに。

昨日はラストだったけど、今日はラス2の4番目。
第1課題、アキさん先行で登りを見守るも、2手目がいきなり厳しそうで、中間部のクロスも深そう。
でも、アキさん慎重に一撃。


第1課題のアキさん。この深いクロスが曲者。
e0149092_23402765.jpg

わー、大丈夫かな、私?
不安だけど、いくしかない。
アキさんが登って悪い箇所はわかってるので、その心構えがあるだけでも全然違う。

躊躇せずに思い切ってムーブを起こすことを心に決めてたので、2手目は大丈夫だった。
しかし、深いクロスはわかっていてもきつかったー。
『落ちるかもー。。。』と思いながらもなんとか耐え、終了点が取れたときは心底ホッとした。

で、懸念してた第2課題。
アキさんが『あ、わかったー!』と言ってスタートに取り付く。
ぱしっと謎だったホールドを捕まえ、あとはすいすい~っと一撃。

そうかー、そういうことね。
で、私もなんとか一撃。
いいスタートを切れてとても嬉しかった。


第2課題。1手目をぱしっとな。
e0149092_2341209.jpg

しかし、本当の勝負は第3,4課題であろうことは推測できた。
なので気を引き締め直して、いざ第3,4課題へ。

まずはオレンジ壁の第4課題から。
アキさん、問題なく一撃。


第4課題。華麗にクロスから切り返すアキさん。
e0149092_23421971.jpg

そして私もそれに続く・・・はずだったが、外傾ポッケからのキョン切り返しで軽く落とされてしまった。
はわわ。。。

よく考えると、この箇所に2つも自分の苦手要素が含まれていた。
ポッケとキョン。
やられたーって感じ。。。

キョン、少しは使えるようになってきたかなーと思ってたけれど、
固めるのは出来ても、切り返しに上手く連動出来るほどマスターは出来てなかったようで・・・。

中山君は、最初から私には『この課題は登れないだろう』とわかっていたらしい。
まさに予想通り。
トライを重ねるも、やはりどうしてもこの箇所で弾かれて次に進めなかった。

黒壁の第3課題ではアキさんが一撃を懸けて奮闘中。
B2を取った後、粘りに粘った末、感動的な一撃を果たす。

この課題が登れたのは彼女だけ。
しかも一撃!
すご過ぎるわ、アキさん。

私も第4課題に見切りをつけ、時間的に最終トライになるであろう第3課題へのファーストトライ。
テンパってたせいか、B1取りの際にカンテ使おうと頭では思ってたはずなのに、
いきなり飛びついてしまった。
たまたま成功したから良かったものの、またも1人パニックのいけないパターンに陥るとこだった。


第3課題。威圧的な手数だけど、ムーブがあって楽しい課題だった。登りたかったなー。。。
e0149092_23441077.jpg

ひーこらながらなんとかB2手前まで来たものの、スローパーピンチがしっくり持ててなくて、
死に体でB2ホールドへの1手を出してしまい、撃沈。。。

しかし、フラットかスローパーだと思ってたB2ホールドが手から離れる時、
実は結構掛かるホールドだったことがわかって余計がくっときた。
ちゃんと止めにいくつもりで取りにいけば止まるホールドだったのに・・・。

この時点で残された時間30秒。
手数の多い第3課題フォール直後。

ヨレ切った体で何も出来ないのはわかっていたけれど、
ここで止めても結果は同じこともわかっていたけれど、
最後まで諦めずに出し切ろうと第4課題に戻ってトライ。

ポケットからのクロスを返そうとした時点でブザーが鳴り、競技終了。
頑張ったけれど、第3,4課題が登れなかったのは、自分としてはかなりがっかりだった。

特に第4課題は登らなくてはいけない課題だったと思う。
苦手なものに阻まれるとこんなにも何も出来ないのかと。

皆が平均して出来ることが出来ない自分。
6月のリハ大会の時にも、ミレーカップの時にも痛感したはずだったのに。

苦手対策を始めてすぐに肩を傷めてしまった為、対策は中途のまま放置することになり、
まともに登れない日々が続いた為、力も傷める前の状態には戻し切れず迎えた今回の近ブロ。

ただ、1ヶ月半ほど前のことを考えると、今日ここでボルダーコンペに出ることさえ危うかった。
出場が果たせたのだから、そしてアキさんに助けられながらも近ブロを勝ち抜けたのだから、
良しとするべきなんだろう。

この悔しさを山口で晴らせるように、ここから1ヶ月が本当の勝負。
肩の調子も、まだ少し違和感は残るものの、随分良くなってきたし、
やるべきことはしっかりやっていきたい。


兵庫の少年たちは、女子は敵が全く見当たらず、余裕の1位通過。
逆に男子はかなりの混戦で、残念ながら通過ならずの僅差の4位。

彼らとは、県予選後から一緒に練習してきて、まあいろいろとあったけど・・・。
昨日今日といい登りが出来てたし、今年の教訓を来年に生かしてくれればと思う。


表彰式の後は、セッター陣と三宮で打ち上げ。
いっぱい飲んで、いっぱい笑って、最後はちょっと涙して・・・。
でも、とてもいい大会でした。

2日間この近畿ブロック大会の運営に関わられた全ての皆様、
我々選手に惜しみない声援を送って下さった皆様、
そして、遠くからも応援の念を送って下さった皆様、
本当にありがとうございました。

そして、パートナーのアキさん、セクシー監督、
2日間一緒に戦ってくれて本当にありがとう。
また、山口国体でもよろしくお願いしまーす。


近畿ブロックリザルト
[PR]
by ponchika | 2011-08-21 23:35 | 国体近畿ブロック予選
いよいよやってきました、近畿ブロック当日。
本日は、毎年兵庫の県予選をやってる登山研修所にてリード競技。

少年女子→少年男子→成年女子の順番で競技が行われた。
が、少年男子の競技の途中から懸念されていた雨が・・・。

我々成年女子の競技時間には小降りながらも雨が降り続く状態。
セッター陣もこの雨で壁にテープが貼れない箇所が出てきてしまい、急遽ルートの変更を行ったらしい。
本当にお疲れ様でした。

さて、競技の方はと言いますと・・・
まずは競技順がなんと,、兵庫県ラスト。
ゼッケン順で私が大トリという、どえらい事態でございました。


安定した登りで終了点に迫るアキさん。
e0149092_2337575.jpg

せめてアキさんの前に登りたかったー(涙)。
緊張感は、それはもう半端なかった。
今回は本当に自信がなかったからだと思う。

登り自体の反省点としては、予想通りといえば予想通りだけど、
またしてもクリップにやられちゃった感が・・・。
そして、一人パニックで自滅といういつものパターン。


問題のクリップシーン。入らなかったのよ、これが。。。
e0149092_23375611.jpg

毎回『あぁ~・・・』って思うのに、本当に懲りてないなぁ。
残念過ぎるわ、自分。

アキさんが完登してくれたおかげで兵庫はトップで明日のボルダーを迎えることが出来たけど、
私は結局アキさんにぶら下がるお荷物でしかなかった。

リードコンペ、相変わらず苦手意識強しのまま。。。
ボルダーの方が変なプレッシャーを感じずに登れる気が私はする。
リードに比べれば、肩には決して良くはないけれど。
そう考えると、やはり私の問題点はメンタル面なんだろうな。。。

でも、終わったことにくよくよしてても仕方ないので、
とにかく明日のボルダーで全力を尽くすことを心に誓って近ブロ1日目終了。
兵庫県、少年たちも女子は1位、男子2位と好位置で明日のボルダーを迎えることになった。

今日のリードは、特に雨の中の進行で大変だったと思うけど、
運営に関わってくださった皆様のおかげで無事競技を終えることが出来た。
心より感謝申し上げます。
[PR]
by ponchika | 2011-08-20 23:26 | 国体近畿ブロック予選