お気楽狸の徒然記録【2010.10~2013.4】

by ぽん。

カテゴリ:2010千葉国体( 4 )

千葉国体・その他の写真

ボルダー予選・6分間の休憩中。
e0149092_16382381.jpg

ボルダー予選第4課題。終了点の宇宙人は目前・・・
e0149092_1638353.jpg

が、宇宙人に撃退される私。
e0149092_16384318.jpg

セクシー監督と3人で。
e0149092_1642503.jpg

兵庫県成年男子チーム(笑)。
e0149092_16431589.jpg

兵庫県は少年女子の頑張りもあって皇后杯8位入賞。
e0149092_16463851.jpg

みんなのチーバ君と。
e0149092_16454868.jpg



写真提供:abeちゃん&中山君
[PR]
by ponchika | 2010-10-05 16:33 | 2010千葉国体
今日も1日目と同じく15時から競技なので、時間たっぷり。

しかし、アイソに入ってアップを始めてたら、役員的な人たちがわらわらとやってきて、
『成年男子のボルダー決勝と時間が被るから競技時間のスタートを早めたいと思う』的なことを言い出す。

いやいやいやいや、それはあかんでしょ。
それやったらアイソに入る時間をもっと早めることが出来たはず。

即座にうちのセクシー監督がそれに抗議。
ありがとうございます、監督。

ということで、一応時間通りに時程は進むことになった。
・・・はずだったけど、若干オブザベくらいから早まってったぽい(笑)。

で、オブザベ。
1人ずつ選手紹介されてリード壁前へ。


リード決勝オブザベ直前。
e0149092_20513638.jpg


そして、オブザベ開始。
e0149092_9391355.jpg

今日もやっぱり被ってるー。
そして、ルートはやはり厳しそう。
そりゃ決勝だもの。

昨日のように、クリップで躊躇しないように、特に壁の角度が変わる辺りのクリップポイントを注意して見た。
で、一旦コールゾーンに掃けて、2番目なのであっという間に出番が。


決勝ルートを登る北海道チーム。
e0149092_9392759.jpg

下部は思ってたより悪くはなく、やはり今日も壁の角度が変わるところから『よーい、ドン!』。
クリップはなんとか頑張れたけど、やっぱり被り出してからの焦り具合が尋常じゃなかったかも。

アンダーマッチするとき、なぜそのバランスで寄せようとしたのか、
後で考えると『わけわからんなー』的ムーブで撃沈。
またも勝負所に突入することなく、私の競技は終了した。

アキさんはトップグループの団子ポイントまで到達。
さすがに安定した登りだった。


決勝終了後。とりあえず終わってホッとした。
e0149092_9395529.jpg

自分的には、昨日の予選よりは若干マシだったけど、
現在のリードコンペにおけるスタンダードな傾斜に全然対応出来てないのが浮き彫りになった。

やっぱり私は本当に不器用というか、対応力がないというか、いろんな経験が上手くリンクしてないんだなと。
結局3日間とも納得出来る登りが出来なかったのが悔やまれる。

リードの結果は、1つ順位を上げ、ボルダーと同じ6位。
兵庫国体以来の入賞なので、それはやっぱり嬉しかった。


成年女子リード表彰式。
e0149092_9411324.jpg

ボルダー・リードとも入賞できたのは、パートナーのアキさん、監督の亀上さん、
練習をサポートしてくれた中山君や熊さん、そして岳連の方々のおかげです。

そして、この国体の運営に関わられた全ての方々に、
この素晴らしい舞台に立たせてもらえたことを感謝したいと思います。
本当にありがとうございました。

総合表彰式が終わった後は、まずは兵庫チームで打ち上げへ。
その後、居残りチームのアフターパーティーに合流。

宿舎に戻ったのは結局午前3時でした・・・。


写真提供:熊さん
[PR]
by ponchika | 2010-10-04 23:24 | 2010千葉国体
あまりぐっすりは寝れずに5時半起床。
朝食を食べてから7時発のシャトルバスに乗る。

眠いからなのか、緊張感があるような、ないような。
到着したら昨日と同様すぐにアイソへ。

リードのアイソは壁3つで、ボルダーのアイソよりも付いてるホールドもいい感じ。
こっちの方がボルダーのアップによさげなんだけどなぁ。

昨日はあまりアップ出来ずに本番を迎えてしまったので、
今日は出来る限り動けるだけ動いた。

だからアップ不足ということはなかったと思う。
オブザベも『被ってるし、きつそうだなー』とは思ったけど、
決してわかりにくいルートではなかった。

やがて出番がやってきて、壁の前に連れて行かれ、いざスタート。
落ち着いて登ることだけを考えて登り始めた。

薄被り部分も若干嫌らしい気がしたけど、勝負は壁の角度が変わるところから。
やっぱり思ってた以上の傾斜だった。

あ、ここでクリップしなくちゃ。
でもちょっと足深いか・・・。

このクリップを迷ったところで私は完全にこのルートに負けていたのかもしれない。
崩れて落ちるまでは早かった。

呆気ないというか情けないというか。
多分こんなところで落ちる人おらんやろーと思ってたら案の定だった。
恥ずかし。。。


リード予選の新潟チーム。
e0149092_9154378.jpg

出し切る前にまたも一人パニックに陥る最悪パターン。
なんか先月の福井カップ決勝を思い出した。

パニックの原因は、やはり被り面でのクリップ。
大分のときにも同じ事を感じたはずなのに・・・。
情けなさ過ぎる。。。

チームとしては、アキさんが最後まで振り絞って終了点タッチまで持ち込んでくれたので、
兵庫はなんとか7位で予選を通過したものの、自分の登りを思い出すと申し訳ない気持ちでいっぱいだった。
ほんまに凹んだ。

しかし、午後からはボルダーの決勝。
凹んでいたところで何もいいことなんてないので、いろいろ反省はあるけれど、一旦封印(笑)。
気持ちを切り替えて、昼過ぎにボルダー決勝の為アイソに入る。

昨日のボルダー予選前に比べて緊張感はほとんど感じなかったけれど、
精神的な疲れのせいか若干ぐったり気味。

でも、なんとか気持ちを奮い立たせてアップ壁に取り付く。
そして、やはりあっという間に開始通告の時間になり、オブザベへ。


ボルダー決勝オブザベ直前。さて、決勝はどんな課題が?!
e0149092_919327.jpg

『オブザベーション開始!』で第1ラウンドの壁を見ると・・・
正直『終わった・・・』とさえ思った(笑)。

1課題ならまだしも2課題ともとは・・・。
他チームに比べて一際小さい我々兵庫チームには正直嫌がらせとしか言いようがない2つの課題。

どうにかなるのか?
いや、どうにもならんだろー。。。

でも、やるしかないわけで。
たとえ6分間晒し者になったとしても。

もう開き直りの極限の境地で競技スタート。
とりあえず、第1課題から取り付く。
が、2人とも1回だけ飛んでみて、『ないわ』とポイ捨て(笑)。


いきなり女子的にはとんでもないランジから始まる第1課題の東京チーム。
e0149092_91717.jpg

で、すぐさま第2課題へ。
まだこっちの方が可能性はありそう。

2人でひたすら飛び続ける。
待ち受ける緑のホールドがフラットなので、振られに耐えられない。

終了間際にアキさんが奇跡的に『1振られ』に耐え、K1げっとん!
素敵過ぎるよアキさん。
ほんまもんのコンペティターの意地を見た。


第1ラウンドの岩手チーム。
e0149092_9175292.jpg


第2課題の大阪チーム。
e0149092_9185477.jpg

こうして、今まで頑張ってきたことが何一つ報われることのない、虚し過ぎる6分間の決勝ラウンド終了。

虚しかったけど、私を含め0完0K点の選手が6名もいたこと、
その中に昨日の予選で4完4撃でトップだったお二方が含まれていたことでなんだか変に納得してしまった。
まあ、そういう課題だったってことで。

もちろん我々は第2ラウンドに進むことなく、後は観戦。
第3課題、やってみたかったなー。
難しそうだったけど。


第2ラウンド・第3課題の北海道チーム。
e0149092_9204018.jpg

アキさんがK点をげっとんしてくれたおかげで、我が兵庫チームはなんとか6位に留まれた。
ありがとー、アキさん。
そして、結局何も出来ない相方で本当に申し訳ない。。。


成年女子ボルダー表彰式。
e0149092_9234040.jpg

こうして、顔で笑って心で泣いて・・・な2日目が終了。

明日は最終日。
気持ちをリセットする為に、アキさんと宿舎近くのスーパー銭湯に行き、
そのまま成年男子が打ち上がってるらしいお店でちょっぴり一緒に打ち上がっておいた(笑)。


写真提供:熊さん
[PR]
by ponchika | 2010-10-03 23:08 | 2010千葉国体
前日に新幹線&在来線で千葉入りし、国体1日目の本日はボルダー予選。
しかし成年女子の競技が始まるのは15時過ぎ。

朝のうちにアキさんと宿舎周辺を散歩した後は部屋でひたすら暇つぶし。
う~~、緊張するけどヒマや~~。
成年男子の応援にも行けず、悶々として過ごす。

13時になり、ようやくシャトルバスに乗り込み、会場へ。
新しい施設でめっさキレイ。

アイソもかなり広いけど、アップ壁はちょっと微妙か・・・。
もうちょっと傾斜ほしいなーとか思ってたら、なんだかあっという間に開始通告。
その後すぐにオブザベ。


オブザベーション開始直前。後ろには果たしてどんな課題が?
e0149092_1075218.jpg

『オブザベーション開始!』の合図で後ろを見ると・・・
第1課題はまあいいとして、第2課題、いきなりのランジ。
しかもダブルダイノですか。。。

勉強してないことをテストに出されたときのような、なんとも言えない気持ちに。
もう開き直るしか術はない。
ということで、なんとかなるさーと第3、第4課題のオブザベへ。

第3課題のオブザベで、後で『やばかったー』と肝を冷やすようなことが1つ2つあったり、
第4課題の威圧的な雰囲気に圧倒されたりしながらオブザベ終了。

うちらの出番は3番目なので、そのままコールゾーン待機。
1番目のチームからいきなり怪我人が出たようで、コールゾーンも少し緊張が走る。

近畿の同胞・大阪チームが出ていき、とうとう我々兵庫チームの出番。
アキさん先行の私後追いというスタイル。


第1課題の私。
e0149092_1081843.jpg

第1課題は2人とも一撃。
終了点取りが嫌らしく、少しヒヤっとした。

とりあえず1つ完登出来たので、ホッとしつつ、いよいよダブルダイノの第2課題へ。
アキさん、1トライ目でギリギリ指先のみでダブルダイノを止めたものの、
K1を越えてからのアンダー取りでフォール。

アキさんのダブルダイノ指先取りを見て、私、めっさびびる。。。
彼女ほどの接触筋がない私にはかなり厳しいと思われ。


第2課題のアキさん。
e0149092_1085687.jpg

えーい、まな板の鯉だ。
びびっててもやるしかない。
意を決して飛んでみるものの、やっぱりランジ決まらなーい。

私の『病気』がうつったか、アキさんもちょっくらランジが決まらなくなってしまったが、
5回目(だったかな?)にきっちり決め、そのまま落ち着いて完登。ないす。

私はひたすら飛び続け、一度はいい感触のトライがあったものの、
そのままブザーが鳴り、終了。
虚し過ぎる。。。

いくらやってこなかった内容とはいえ、もうちょっとなんとか出来なかったのか。
後で応援してくれてたリクBON!が『両足踏み切りで飛んでた人は結構成功してたよ』と。

そ、そうだったのか・・・。
馬鹿の一つ覚えみたく、ひたすら片足踏み切りで飛び続けてましたわ、私。

とりあえず過ぎてしまったことを悔やんでる場合でもないので、
6分間の休憩で気持ちを切り替えて・・・

第3、第4課題へ。
2人ともハリボテ見てびびる。

『な、ない!』
あると思ってたホールドは、実はホールド跡だった。

それありきでムーブを組み立てていたのでちょっと慌てたけど、
アキさんは落ち着いて処理し、一撃。

ただ、カンテはたきつつ右手でフラットホールドを取りに行く箇所が、
結構ぱつぱつのデッドになったのを見て、またも私びびる。。。

『アキさんであれだと私はヤバイかも・・・』
で、緊張の1トライ目。

カンテぺしぺしとはたきつつ、右手を出そうとした瞬間、カンテすっぽ抜け~。
がっくし。。。

しかし、ここでアキさんから『あそこ左手出しでもいけそうだったよ』とのアドバイス。
ま、まじっすか?!

じゃあ体が出しやすいと反応した方を出してみようと2トライ目。
カンテにトウフックしたらなんだか自然に左手がスタティックに出て、
その後もムーブがキレイに流れてくれた。


岩の課題ちっくでデリケートな第3課題の私。
e0149092_1091421.jpg

しかし、フラットの次の白ジブスがびっくりするほど悪く、じわじわとしか動けない。
でも、ここで焦ってムーブを急いだら間違いなく落ちる。

ゆっくり手を伸ばし、そーっとK2を捕まえ(このK2もあまりよろしくない)、
足もそろーりと入れ替え、なんとか完登。
よっしゃ。

急いで第4課題に行くと、アキさんがこちらも見事完登。
ガバハンドルからの1手と終了点がちょっと悪いとのアドバイスをもらい、
私もトライ開始。


第4課題を完登するアキさん。
e0149092_1095480.jpg

ダブルトウで体がまっ逆さまになり、ガバハンドルを持ってぶらりーんと振られ、
あとはぐいぐい登るイケイケ系課題だった。

ガバハンドルからの1手は思いの他大丈夫だったけど、
終了点の宇宙人保持で若干躊躇が入ってしまい、あわわ・・・とフォール。
がっくし。。。


同じく第4課題を登る私。
e0149092_101185.jpg

でも、これは絶対登っておかなくちゃいけない課題。
ギリギリの45秒前に最終トライ開始。

・・・したものの、『さあ時間がないぞ!』という解説者・伸介さんの声が聞こえる。
思ってたよりこの課題、時間かかるのね・・・。
気付けば終了点1手前でブザーが鳴り、終了。
がくっ。。。

やっぱり今回もあっという間だった。
たらればを言い出したらキリがないけど、全てを含めて今の自分の実力なんだなと。

残念としか言いようがない結果だった。
楽しかったんだけどね。。。

アキさんの4完のおかげで我が兵庫チームはなんとか5位で予選を通過することが出来たけど、
自分にとっては反省点だらけのボルダー予選だった。

明日はリード予選とボルダー決勝。
今日出遅れた分を少しでも取り返せるように頑張りたいところ。

宿舎に戻り、夕食の後はセクシー監督の部屋にて3人で飲みながらガールズ(?)トーク。
ユニフォームの洗濯が終了してから就寝。
[PR]
by ponchika | 2010-10-02 23:56 | 2010千葉国体