お気楽狸の徒然記録【2010.10~2013.4】

by ぽん。

カテゴリ:小川山(長野)( 3 )

2010/11/27(土) 小川山

10月の終わりに傷めた左肩は、日々少しずつ良くはなってきてるものの、
あと一歩のところで足踏み状態。

今回の小川山遠征も、もちろん登るつもりでやってきたものの、
『あと一歩』のところから後退したくないという気持ちに打ち勝てるほどの課題に出会うことなく、
ほぼ撮影係に徹することになりました。
ので、今回はほぼ写真紹介です。


とにかく良い天気でした。
e0149092_943928.jpg


赤moon兄弟。
e0149092_94467.jpg


今回改めて花崗岩ボルダーが苦手であると証明されたリクBON!。
e0149092_945688.jpg


臨月の嫁と幼い娘をほっぽらかして、うちらの遠征に勝手にレンタカーで便乗してきたストーカーマン(笑)。
e0149092_95545.jpg


『静かの海』を『宵の月』と覚えるリクBON!『の』しか合ってないですけど(笑)。
e0149092_952513.jpg


なんでそんなにそこで貼り付いてられるのかよく分からないストーカーマン。
e0149092_954854.jpg


間違った『石の魂』にトライしようとするリクBON!&アヒル口な2人。
e0149092_96568.jpg


『静かの海』最終トライの中山君。登ったかと思ったのに・・・。
e0149092_961874.jpg


冷凍庫のような気温の中、1人狂ったように『穴会社』にトライするストーカーマン。
e0149092_965226.jpg


『グロヴァッツスラブ』もペロリ。
e0149092_971439.jpg

今回の小川山で彼もそれなりに満足したようなので、これからしばらくは家族の為に尽くしてくれるでしょう。
また3年後に会おう、ストーカーマン(笑)。


さて、本日の『静かの海』のマントルで中山君も右肩を傷めてしまい、
しばらくは夫婦でリハビリに励む日々になりそう。
とりあえず、ジムでリードしてみますかねー。
[PR]
by ponchika | 2010-11-27 23:00 | 小川山(長野)
朝起きてみたところ、肩が悪化してる感があったので、本日は私はレスト。
ここまで来てるのにもったいない感はあるけど、仕方なし。

まあ痛みは出たけど、昨日は登りたかった課題が2つ登れたので、トライしたことに後悔はしてない。
今回登っておかなかったら、クジラ岩を訪れるチャンスもこの先あるかどうかわかんないし。

ということで、今日は撮影係。
水晶スラブ下にて、先に『バルカン』偵察に行ってたシマむーちょ&モチベーションマンと合流。


『虹の入り江』でアップ(?)。
e0149092_0204740.jpg

で、『静かの海」でセッション開始。
e0149092_0211892.jpg

なんだかつるんとシマむーちょ完登!!
e0149092_0222645.jpg

モチベーションマンも途中危うかったものの、気持ちで無理矢理完登の扉をこじ開けた!!
e0149092_0215774.jpg

調子に乗って『豊かの海』まで触り出すモチベーションマン。
e0149092_0235267.jpg

中山君は、指皮なし男君で粘るものの敗退。
まあ次回はいけるでしょう。

今日は帰らなくちゃいけないので、うちら夫婦は早じまいということで、
最後に2人が偵察に行ったという『バルカン』へ。


『バルカン』にトライするモチベーションマン。
e0149092_0241797.jpg

んー、あえてこの課題についてはコメントを控えさせていただきます(笑)。

ここでモチベーションマン&シマむーちょとはわかれて我々は帰途に着いた。
2人はその後も石楠花行って日が暮れるまで登ってたみたいやけど。
結構早く出発したにもかかわらず、中央道はどえらい渋滞で帰宅は22時過ぎ。

次回小川山行くなら日帰りかな。
指皮弱過ぎて2日間もたないもん。

それよか早く肩治さんとねー。
せっかくのシーズン棒に振っちゃいそう。。。
[PR]
by ponchika | 2010-11-14 23:19 | 小川山(長野)
もう間もなく臨月を迎える嫁と幼い娘をほっぽらかしてやって来たファイ田改めモチベーションマンとも合流し、
林道工事が始まってアプローチが長くなった小川山に一年ぶりに出撃。

臨時駐車場には関東ナンバーの車がびっしり。
意外と人来てるんやなー。。。

さあ歩きますぞ。
e0149092_019420.jpg

去年は石楠花エリアにしか行かなかったけど、本日は約4年半ぶりのクジラ岩へ。
しかし、3人とも場所うろ覚えの為、小川山で一番メジャーであろう岩に辿り着けないのではないかというかなり恥ずかしい事態に。
約30分以上ロスしてようやくクジラ岩到着~。
もうふらふらやし。。。

しばらくはマット広げて呆然としてた。
・・・ら、やたらテンション高いこの男は1人嬉々として『穴社員』、『エイハブ船長』を登り、『穴社長』に挑み始める。
ペース早っ!
e0149092_0143584.jpg

早々にピンチ取りまで行くものの、そこからなかなか前に進めないモチベーションマン。
そうこうするうちに、下部のムーブも雑くなり、高度が下がり始めて、珍しく弱気発言も(笑)。

アップ不足の為か、最初はなんだかポケットの保持が怪しかった中山君は、
ピンチ取りの安定したバランスを見つけたトライで早々に『穴社長』げっとん~!!
みらくるやー(笑)。

私は、まだ肩の調子がよろしくなく、ここ最近は平日もジムでは登ってなかったのだけど、
クジラ岩の宿題である『穴社員』と『エイハブ船長』にどうしてもトライしたかった。

『穴社員』は5年前のGWにトライしまくったものの、どうしてもガバカチを止めることが出来ず敗退していた。
3級というグレードではあるけれど、リーチのない女性にとってはそれ以上のグレードに感じる課題だと思う。

実際今回トライしてみて、やっぱりこの課題はムズいと思った。
ガバカチ取りは、デッドではなく、やはりゴリ引きで。

やっとバイトから社員に昇格~。
いやー、ウレシす。

その後は『エイハブ船長』。
この課題も4年前のGWに2,3回ほどトライしたものの、なんだか出来る気がせんかった覚えが。
あのときは人が多過ぎて、トライに入っていけずにそのまま今日まで放置してしまってた。

最初は左のサイドカチがしっくり持てなかったけど、そのうちなんだか持ててきて、
あれよあれよとリップに到達。
e0149092_015144.jpg

するも、この課題、マントル核心やーん。。。
何度もマントルを返そうとして『やっぱり無理ー』と滞空時間の長いフォールを繰り返し・・・。

そのうちモチベーションマンと同じく下部のムーブが雑くなり、上部に到達出来なくなってきた。
肩も痛くなってきたし、暗雲立ち込めてきたー。。。

モチベーションマンの『穴社長』が先か、私の『エイハブ船長』が先か。
微妙なところだったけど、モチベーションマンが先に『穴社長』完登。

負けてられないと私もなんとか完登。
日本のスタンダード1級が登れてめっちゃ満足ー。
内容も高さもあって、本当にキレイないい課題だと思う。

肩の痛みが出だしたので、一旦私は打ち止め。
男性陣の『田嶋ハング』トライを応援。


『田嶋ハング』を登る中山君。
e0149092_016467.jpg

程なく2人とも完登し、お次は『ミダラ』。


『ミダラ』にトライするモチベーションマン。そういや『緑のマント』も登ってた。
e0149092_016396.jpg

こちらは軽く敗退し、本日最後の課題に選んだのは『フィロソフィー』。
場所を教えてもらってクジラ岩から移動。

中山君とモチベーションマンの2人は、あと1手まで迫ってたお姉さんのムーブを完コピ。
で、即完登。
なんだかずるい~。

私もちょっとトライしてムーブをばらす。
e0149092_0172773.jpg

でも、肩も痛いし、指皮ないしで深追いはせず。
最後はお姉さんのトライを応援して終了。

また来ることがあれば、頑張ってみようかな。
でも、ここってこの課題しかないし、もう来ることないかも・・・。

その後は、ヘッデン点けながらてくてく歩いて臨時駐車場に戻り、温泉へ。
明日はシマむーちょも合流予定。
[PR]
by ponchika | 2010-11-13 23:05 | 小川山(長野)