お気楽狸の徒然記録【2010.10~2013.4】

by ぽん。

プレイバックその3(2003~2004 野外活動基礎時代編)

コンペでダントツのビリになったことで、週に1度通うようになったクラックス。
しかし、レベルテンの壁に付いてる比較的持ちやすいホールドしか触ったことがなかった私は、
クラックスに付いてるホールドに衝撃を受けました。

とにかく最初は全然登れなかった(笑)。
傾斜のない壁でも10台を登るのがやっとだったなー。
でも、少しずつ11台も登れ出し、120度のツライチ壁にもトライ出来るようになってきました。
ジムでボルダーに取り組み始めたのもクラックスに登りに来るようになってからでした。




この頃から、私たちはG君の友人でもあるファイ田と登るようになりました。
彼もまた体操競技経験者。
無尽蔵の体力の持ち主であり、超対戦型の人間(笑)。
彼のおかげで週末はいつもぐったり疲れるまで遊ぶ羽目になるのでした。


ファイ田の自作マットを携えて、初めての岩場でのボルダリングは楯ヶ崎でした。
『ハテナ』を登る中山君。
e0149092_19402645.jpg

この頃は、岩場でのクライミングというとリードがほとんどでしたが、
ボルダーの手軽さに魅力を感じ始めました。

そのうち自作マットにも限界があるということで、マットも購入。
御手洗デビューもこの年の夏に。
e0149092_19404770.jpg


懐かしい『無題』3級。
e0149092_19411749.jpg

週末をクライミングに費やす日が増えてはいきましたが、
温泉探索なしの北アルプス登山も楽しんでいました。


槍ヶ岳に登ったり。
e0149092_19432171.jpg


悪天の中、劔岳に登ったり。
e0149092_1943182.jpg

前年よりは数は減ったものの、夏には沢登りにも出かけていました。
芦廼瀬川にも行きました。
e0149092_19435543.jpg


美しい流れの神崎川本流。
e0149092_19435432.jpg

しかし、この沢登りで私は溺死しそうになりました。
登らなくていい滝をムキになって登ろうとした結果、低体温症なり、体が動かなくなってしまったのです。
救助に来てくれた中山君もパニックで沈めてしまいそうになり、
たまたま通りがかった別パーティーの方が浮き輪を投げてくれなかったら私も中山君も絶命していたでしょう。
助けてくださった方には今でも本当に感謝しています。
自然の中で戯れる際には必ず落とし穴も存在するということを身をもって知らされる事件でした。

そしてこの年のお盆も北アルプスへ。
前年の温泉探索山行に匹敵するものにしたいと、沢登り、縦走、温泉探索を満たすプランを練ったものの、
山に居た7日間のうち晴れていたのは2日だけという、天候最悪な年でした。

前半はみっちゃんと女2人旅。
まずは黒部・赤木沢での沢登りを堪能するはずが・・・
この通り悪天・・・本来の赤木沢の美しさを堪能出来ずで残念。。。
e0149092_1944446.jpg

その後の沢の詰めで凍死しそうになったり、黒部五郎小舎のテント泊で浸水したりしたけれど、
なんとか高天原温泉にたどり着けたときは本当にホッとしたなぁ。

高天原周辺も源泉探索したけれど、結局見つからず。
温泉沢も攻めてみたものの、こちらも見つからず。

稜線目指して温泉沢を行く。まともに晴れたのはこの日だけ。
e0149092_19443529.jpg

畳半分のぎゅうぎゅうスペース寝ることになった水晶小屋での夜も雨が屋根を叩いていました。
旅の後半で中山君&ファイ田と合流した日もド雨。。。
硫黄沢を下る計画は断念せざるをえなくなり・・・

ルートを急遽変更して、表銀座を縦走してみることになりました。
e0149092_1945712.jpg

雨の中カッパ来ての登山はなかなかの苦行だったけど、
南岳小屋から見えた夕映えの槍ヶ岳は美しかったし、燕岳の奇岩群も見れたし、
最後は中房温泉で汗も流せたし、雨に祟られまくったお盆山行だったけど、今となってはいい思い出です。

夏山シーズンが終わると、またクライミングに没頭する日々。
この年はちょろちょろとローカルコンペに出るようにはなったものの、
仲間が必ず決勝に残る中、いつも私だけが予選敗退ばかりでした。

そんな私にもチャンスがやってきた自身にとって2回目の労山コンペ。
予選を初めて通過し、決勝も奇跡的に完登して、ミドルで優勝することが出来ました。
これには自分でもビックリ。
1年経ってようやく慣れたクラックスが会場だったことも大きかったと思いますが・・・
e0149092_19453460.jpg

そして、冬前ぐらいから岩場のボルダーも再開。
笠置にもよく通いました。
e0149092_1946049.jpg

王子ヶ岳で粒子の粗い花崗岩にも洗礼を受けたり。
e0149092_19461230.jpg

そして、年末年始はファイ田カップルと九州ボルダーツアーへ。
タカピロさんがこのダイクの走った『卵岩』を登る写真を見た中山君が『この岩登りたい!』と計画。
e0149092_19462831.jpg

鹿児島の猿ヶ城では九州の方たちとも一緒に登らせてもらい、一日とっぷり日が暮れるまで遊びました。
課題も面白いものばかりで、本当に楽しかった。
e0149092_19464156.jpg

九州ツアーの最後は阿蘇の一の峰ボルダー。ロケーションが海外みたいで素晴らしかった。
e0149092_1947818.jpg

この九州ツアーがあったから、私たちはどんどんボルダーに傾倒していった気がします。

そして、2月の頭には第2回のクラックス『みにぱ』に参加。
チーム・テクニック3人の来日もあって、コンペもその後の交流会も盛り上がり、楽しかったー。


チーム・テクニックからオリジナル歯ブラシを頂きました。。
e0149092_19504355.jpg

こうしてどんどんクライミングの楽しさにのめり込んでいく私たちなのでした。
長くなってしまったので、続きは『その4』で。
[PR]
by ponchika | 2013-04-25 09:00 | プレイバックシリーズ