お気楽狸の徒然記録【2010.10~2013.4】

by ぽん。

2011/8/12(金) お盆山行1日目:柿其渓谷(沢登り)

今年のお盆は、中山君のたっての希望で黒部・上の廊下に行くことになっていた。
彼の希望だけではなく、私もずっと憧れの場所だった上の廊下。

しかし、メンバーの予定がなかなか上手く噛み合わず、準備山行にほとんど行けていない上に、
現地の状況を山小屋に直接聞くと、『通常膝までの水位が現在は腰まである』とのこと。

渡渉系の沢の経験値が低い自分らにとって、今回上の廊下を遡行するのは無謀だと判断し、
前夜発日帰り範囲な沢を2本登りに行くことにした。

元々この2つの沢は準備山行で行くはずだった場所。
天候やら予定噛み合わずやらで行けてなかったのでちょうどよかった。

というわけで、1日目は長野県の柿其渓谷へ。
入渓地点のすぐ傍まで車で入れるという好条件な沢。

そそくさと準備するものの、ウェットスーツを着込んでるもんだから暑くてたまらない。
玉汗をだくだくでかきながら、やっとこさ準備完了。
眼前の沢に即行で入渓。
e0149092_10571774.jpg

あとは、写真でご覧下さい(笑)。
とにかく明るい沢で水が本当にキレイ。
久しぶりの泳ぎにいきなり疲れたけど・・・。
e0149092_10582719.jpg

牛ヶ滝。
ほほう、と右を巻き上がるも・・・
なかなかスリリングな登攀となり、斜面トラバースではみっちゃんが地バチに刺されるというアクシデント!
e0149092_10592365.jpg

まあその後は無事に沢に戻れて気持ちよく遡行を続けることが出来た。
ホントに水がキレイ!
e0149092_1101318.jpg

みっちゃん、持参のハンマーを使ってアックス登攀を試みるも・・・
e0149092_8552074.jpg

敗退~(笑)。
e0149092_855414.jpg

中山君もハンマー借りて果敢に挑戦。
e0149092_856896.jpg

お、見事クリア!さっすがー。
e0149092_8562990.jpg

さ、続き続きー。
e0149092_857647.jpg

廊下帯も明るいので悲壮感はなく。
e0149092_8573850.jpg

時にはシャワーも浴びつつ、つるつるボルダリングに興じたりなんかして。
e0149092_85867.jpg

でも、ここは難しかったなー。
3人の力を合わせてなんとか突破。
e0149092_8582974.jpg

ロープで引っ張ってもらうのってホント楽~。
ありがと、みっちゃん。
e0149092_8591462.jpg

またもや廊下帯。
でも、もうそろそろ足腰が・・・。

歩いてないとホント脚力弱ってるー。
こんな脚でよく黒部行こうなんて言ったもんだよ。。。
e0149092_8595342.jpg

霧ヶ滝を眺める。
この後、巻き上がってそのまま下山。
膝痛くなったー。。。
e0149092_90676.jpg

入渓地点に戻るとそこは・・・
水着ギャルやらボートで流される犬やらでわんさか状態になってた。

ここってそういう場所だったのね。
自分ら超場違い。。。

ということで、そそくさと着替えを済ませて撤収。
明日遡行するという川浦谷(かおれだに)の入渓地点であるキャンプ場へ移動。

予算的なこともあり、持参したテント張りたいことを管理人のおばさんに伝えるが、
テントを張る場所はなく、キャビンに泊まってもらうしかないと。

うむむ、相談します・・・と言うと、半額でいいわと言ってもらえたので宿泊決定。
濡れもの干しまくって、夕食準備。
ま、周りの人たちのようなリッチなBBQではなく、山食のフリーズドライやレトルト御飯ですが。
e0149092_902438.jpg

夕食の後は、持って来た酒のアテをつまみながら宴会して、そのまま就寝。
明日も今日みたいに楽しめるといいんだけど・・・なかなかにハードな沢っぽい。
大丈夫かなー?
[PR]
by ponchika | 2011-08-12 23:49 | 沢登り