お気楽狸の徒然記録【2010.10~2013.4】

by ぽん。

近況&親知らず抜歯体験記。

最近あまりにもブログ放置状態なので、そろそろ何か書きたいなーと思ってはいたんだけど、
以前のように日々のジム日記を復活させれるかどうかも今の仕事を考えると微妙だし、
かと言ってどこか岩場に行ったかというと、GWにちょっとばかし日ノ御子に行ったくらい。

県予選の後は、しばらくは岩場にも通う予定だったんだけどなー。
なかなか思うようにはいかないもので。

というわけで、我が家の近況をば。
先週は中山君が念願だったレーシック手術を受けました。
が、通常のレーシックではなく、角膜の形状不良の為、術後がいろいろ大変なラゼックになり。

手術直後は地獄の日々やったけど、1週間経って痛みもなくなり、
今現在、朝はかなりクリアに見えるらしい。
まだ視力は安定はしないけど、これから少しずつ良くはなっていくみたい。

ちょっとホッとしながら週末が近付いてきた木曜日。
まさか今度は自分の番だとは思いもせず・・・。



朝から『なんか噛み合わせに違和感あるなー』と思いつつ仕事してたんだけど、
夕方には完全な痛みに変わった。

左上の奥。
実は私、親知らずの手前の歯が、根っこだけ残ってて本体がない。
でも、空間があると歯ってやつは寄ってくるものらしく、根っこがあるにもかかわらず、
その場所には親知らずが鎮座していた。

以前から、行きつけの歯医者さんには
『この根っこ、早く取っておいた方がいいよ。いつ悪さし出すかわからんからね。
でも、これはうちでは抜けないから、口腔外科に行ってもらうことになるけど。』
と言われていた。

で、その悪さが表立ったのが木曜晩だったというわけで。
あまりの痛みに中山君のラゼックの時に出された鎮痛剤を飲んで就寝。

なんとか鎮痛剤のおかげで痛みで起きることはなかったけど、
もう歯茎はパンパンに腫れ上がっていて、非常事態であることは明確だった。

ので、会社休んで、朝から紹介状書いてもらってた口腔外科へ。
歯科衛生士、口腔外科の医師、歯科医と、次々3人に口の中を見られる。

わかったことは・・・
状況は相当悪いということ。
それは結構以前から始まっていたということ。
本当ならば根っこだけを抜歯して、親知らずを噛み合わせに参加させたいところだったけど、
根っこが炎症を引き起こしていて、そのせいで親知らずもぐらついており、
もうどちらも残せないということ。

ということで、その場で根っこと親知らずの両方の抜歯が決定。
抗生物質の薬を飲まされ、30分待合室で待ってから手術開始。

麻酔の注射がめちゃくちゃ痛いぃーー。。。
注射刺した瞬間から大量の膿が出てきたらしい。

あっという間に麻酔が効いて、歯茎の感覚がなくなる。
触られてる感はあるけど、痛みは全く感じない。

で、抜歯開始。
医師がぐいぐいと親知らずに力を加える。
みしみしみし~って音がする。
ひぇ~、怖い~。。。

痛みが全くないのが不思議なくらいの行為が行われてるのがわかる。
『これ、麻酔切れたらえらいこっちゃなー』と思いながらまな板の鯉状態な私。

いつの間にか根っこも取り除かれていたようで、約10分ほどで抜歯完了。
あとは歯茎を縫い合わされて手術は終了した。

術後、抜かれた歯を見せてもらった。
金属トレーに乗っけられた親知らずや根っこには結構な肉片が付いていた。
それらとともに米粒よりもちょっと小さいくらいのものも5、6個ほど並べられていて、
『砕けた歯かな?』と思ってたら『これ、膿袋ね』とのお言葉。
き、気持ち悪っ!!

『相当痛かったでしょ?かなり我慢してたんじゃない?』
いやいやいや、痛くなったのは昨晩からなんですけども・・・。

ホント、違和感を感じ始めてから一気に悪くなったように自分では感じていたけど、
実際は随分前から悪かったのは間違いないらしい。

さて、問題はやっぱり術後だった。
『麻酔はあと1時間は効いてますから、唇噛んだりしないように気をつけてくださいね』
と、受付のおねえさんから言われたのも束の間、車に乗り込んだくらいから痛みが・・・。

その後も痛みはどんどんひどくなる一方。
間違いなく麻酔切れてきてるしー。

悶絶するほどの痛みに耐えながらなんとか帰宅。
もらった鎮痛剤を2錠急いで飲み、アイスノンを当てながらしばらく横になる。

気付いたらウトウトしていた。
結構早くに鎮痛剤が効いてくれた模様。
死ぬかと思ったー。

まあ考えたら2本歯を抜いたわけやし、そら痛いわな。
とりあえず、その後はボルタレン様のおかげで頭の割れるような痛みはなくなった。

中山君からの脅しもなんのその、晩御飯もいつもよりは時間かかったけど普通に食べれたし、
朝までぐっすり眠れたし。

あれ?ボルタレン、もう切れてるはずなんだけど・・・。
そのままの勢い(?)で、本日はボルタレン様のお世話にならず、まあ登ることも出来ました。

やっぱり上の抜歯は下の抜歯よりもかなり楽みたい。
まああと2本残ってる親知らずはどちらも下の歯だけど・・・。
そしてどちらも横向きに生えてるという、最悪なパターンだけど・・・。

また今回のように最悪な結果になる前に抜かなきゃいかんだろうなー。
でも、いつ抜きに行くか、タイミング考えて抜かなきゃ、いろいろ厄介なことになりそう。

そんなこんなで、夫婦揃って何かと大変な日々を送ってはおりますが、
なんとかぎりぎり生きてます(笑)。
来月こそはもうちょっと平穏な日々を送りたいなぁ。。。
[PR]
by ponchika | 2011-05-14 23:25 | 雑記